体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タイヤの磨耗や空気圧をスマホにお知らせ!ピレリ、スマートタイヤ「Connesso」を今夏発売へ

fullsizeoutput_2742運転の安全性を確保するためには車のメンテナンスは最重要。そんなことはわかっていても、こまめにタイヤをチェックする人は少ないのでは。

そこで開発されたのが、メンテナンスが必要になったらスマホにお知らせしてくれるスマートタイヤ。イタリアのタイヤメーカー、ピレリからこの夏、インターネットに接続する「Connesso」が発売される。

・「要メンテ!」をアラート

走れば走るほどに、タイヤはトラブルを抱えやすくなる。空気圧が下がったり、磨耗したり。空気圧が低下したまま走るとパンクするし、磨耗して溝が減ってくるとスリップしやすくなる。

fullsizeoutput_2744そうしたリスクを回避するには点検が欠かせないが、ドライバーが自分でチェックしなくても、タイヤがスマホに“自己申告”してくれるのが Connessoだ。

・周辺の修理工場検索も

Connessoにはセンサーが埋め込まれ、空気圧や温度、垂直荷重、磨耗、走行可能距離のデータを収集する。

各タイヤから得られたデータはクラウドに送られ、そこからドライバーのスマホに「空気圧が下がってる」「磨耗している」といったアラートが伝送される。

メンテが必要なときにアラートを送るだけでなく、アプリでタイヤの状態をいつでも確認できるので、正しい空気圧を維持して燃費改善に役立てることも。またメンテが必要なとき、周辺の修理・点検工場を探せる機能も便利そうだ。

Connessoは「P Zero」と冬用「Sottozero」の2種類。今夏、米国での発売を皮切りに、順次世界展開する予定という。

Pirelli

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。