体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【学生限定】MicrosoftOfficeを約5400円+@で買う手段

【学生限定】MicrosoftOfficeを約5400円+@で買う手段
そのあるカードとは国際学生証です。

これはユネスコ承認の国際的に学生の身分を証明できるカードで、世界中の様々な施設などで割引を受けたりすることができます。また、Microsoft DreamSparkという企画で、Visual Studioを無料で利用できることでご存じの方もいるかと思われます。

そして、この国際学生証の所持者は、5300円でMicrosoftOfficeを購入することが出来るのです。

手順は以下のとおりです

(1)国際学生証を作る

(2)販売サイトで購入する

(3)ダウンロードし、インストールする

それでは順を追って説明します。

(1)国際学生証を作る

国際学生証にはSTUDENT(大学生用)とSCHOLAR(中高生用)の二種類があり、Microsoft DreamSparkの場合はSTUDENT所持者のみ利用可能で、SCHOLARでは利用することができないのですが、この場合はSCHOLARでも利用することができます。

大学生の場合は自分の大学の生協、中高生は近所のユースホステル協会、大学生協の事業センターなどで受け付けてもらえます。詳しくはここのリストを参照してください。土曜日曜休みの施設もあるので、事前に確認してから向かうことをお勧めします。

また、受付場所が遠くて行けねえよ!という方は郵送で申し込むことも出来ます。

発行に関しての詳細は公式ページで確かめてください。

http://isic.univcoop.or.jp/shutoku.html

受付場所に行く際、必要なものは

○申込書

(英文略称を書く欄があるのですが、「私立やまぶき高校」の場合、Y.H.S.で構わないようです。

 筆者の学校は「Honyarara Senior High Schol」と生徒証に記載されていたので、Y.S.H.Sとすべきなのか迷いました)

○33mm×28mmの6ヶ月以内に撮影した写真

(筆者が申し込んだ箇所では、若干大きめの写真でも切って下さいました。ただしどこでもやってくれるとは限らないので注意)

○学生証のコピー

本体ではなく、コピーでなければなりません。筆者はコピーを忘れてコピー代30円を別途取られました)

○発行費用1430円

(郵送の場合、返信郵送費として+270円かかります)

の4点です。

また、受付場所が辺鄙なところだったりするので、行き方をしっかり調べてから行きましょう。

筆者が申し込んだ箇所では、申し込みから20分程度で発行してもらえました。

即日発行ではないところもあるので、詳しくは問い合わせてみてください。

(2)販売サイトで購入する

国際学生証が手元にきたら、早速販売サイトへ向かいましょう。

このサイトになります。

http://e5.onthehub.com/WebStore/ProductsByMajorVersionList.aspx?ws=24df2766-530c-e011-bed1-0030487d8897&vsro=8&utm_source=ISIC-LP-MSBoxShots-Img&utm_medium=MS-landing-page-eng&utm_campaign=ISIC-ORG&JSEnabled=1

【学生限定】MicrosoftOfficeを約5400円+@で買う手段
1 2次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会