体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宇宙特集:BO NINGEN Special Shoot & Interview

Edit: Ryoko Kuwahara | Photo Edit : Ryoko Kuwhara | Photography: Akiko Isobe | Hair&Make-up: Masayoshi Okudaira | Model: BO NINGEN

Edit: Ryoko Kuwahara | Photo Edit : Ryoko Kuwhara | Photography: Akiko Isobe | Hair&Make-up: Masayoshi Okudaira | Model: BO NINGEN

Edit: Ryoko Kuwahara | Photo Edit : Ryoko Kuwhara | Photography: Akiko Isobe | Hair&Make-up: Masayoshi Okudaira | Model: BO NINGEN

Edit: Ryoko Kuwahara | Photo Edit : Ryoko Kuwhara | Photography: Akiko Isobe | Hair&Make-up: Masayoshi Okudaira | Model: BO NINGEN

Edit: Ryoko Kuwahara | Photo Edit : Ryoko Kuwhara | Photography: Akiko Isobe | Hair&Make-up: Masayoshi Okudaira | Model: BO NINGEN

Edit: Ryoko Kuwahara | Photo Edit : Ryoko Kuwhara | Photography: Akiko Isobe | Hair&Make-up: Masayoshi Okudaira | Model: BO NINGEN

Edit: Ryoko Kuwahara | Photo Edit : Ryoko Kuwhara | Photography: Akiko Isobe | Hair&Make-up: Masayoshi Okudaira | Model: BO NINGEN

Edit: Ryoko Kuwahara | Photo Edit : Ryoko Kuwhara | Photography: Akiko Isobe | Hair&Make-up: Masayoshi Okudaira | Model: BO NINGEN

BO NINGENの魅力のひとつは中毒性と言われる。音圧、シャウト、歪み、ループーーともすれば不快にもなりかねないファクターが彼ら4人を通すことでトリップを誘う装置へと変わる。その装置がいかに生まれえたのかという疑問とともに、音楽と宇宙という壮大なテーマをぶつけてみた。

——ノイズ、サイケというと、幻想的だったりトリップするような感覚という意味でなのか、よく宇宙的な表現を使われますよね。BO NINGENも今はまたちょっと違うフェイズだけど、昔は特に轟音というイメージがあって。うるさいはずなのに気持ちいいという不思議な感覚に陥るんです。

TAIGEN「確かにBO NINGENはうるさいという定評がありますよね(笑)。まあ、ノイズでいうと、赤ちゃんがノイズを聴いて寝るのは気持ちいいからというのと、守るためにシャットダウンしているという両方の説がある。見ていると気持ちいい感じなんだろうとは思うけど、胎児の時は身体の中で聴こえてくる音がうるさかったと思うんですよね。轟音での恍惚はその疑似体験なのかな」

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。