体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

面白USBメモリー、今度は読書にも使える“羽根とメガネ”が新登場

独自のコンセプトでユニークなUSBメモリーを作り続けるソリッドアライアンスから新製品の登場です。今度は羽根を模した『Wisdom』と眼鏡の形をした『Four Eyes』だそう。今回のコンセプトはいったいどんなものなのでしょうか?(すべての画像を見る


白い羽根が付いた『Wisdom』は、古代のシンボルと現代のテクノロジーを融合。古代より鳥は霊的なシンボルであり、羽根は“上昇”を象徴しています。ネイティブ・アメリカンのしゅう長もまた、英知を示すシンボルとして身に着けていました。『Wisdom』を着けたパソコン(&その持主)もまた“上昇と英知”を身に着けることができる!?

そして、眼鏡をかたどった『Four Eyes』は、研究に没頭するあまり眼に過度の負担をかけて眼鏡を着用することも珍しくない、学者や研究者に敬意を表するために作られたそう。現代に生きる私たちも、パソコンの前で眼を酷使するあまり視力を落とし眼鏡のお世話になることが多いですよね……。


両製品ともに、15~17cmの細長い形状をしているため、USBメモリーとして使用するだけでなく、手帳や本の“しおり”として使うこともできます。まさに、古代から人間の英知を伝えてきた本と、現代において情報の海への入り口となるパソコンという二つのメディアを行き来するアクセサリーになっています。

ソリッドアライアンスは、アヒル型USBメモリー『i-Duck』、すし型USBメモリー『SushiDisk』、そしてつい先日には手裏剣型USBメモリー『Ninja』など、新しい世界観を提示するユニークなコンセプトで、ハッピーなガジェットを世の中に送り出しています。次はどんなコンセプトで新しい商品を生み出してくれるのか楽しみですね(このニュースの元記事はこちら)。
 
『Wisdom』(羽根型USBメモリー)
メモリー容量:2GB
サイズ:W30×D168×H2mm
重さ:8g
販売価格;3980円(税込)

『Four Eyes』(眼鏡型USBメモリー)
メモリー容量:2GB
サイズ:W33×D152×H2mm
重さ:5g
販売価格;3980円(税込)
 
 

■こんなUSBグッズのニュースもあります
IT忍者アイテム!? 手裏剣型USBメモリー『Ninja』で隠密工作
ルパン三世フィギュア型USBメモリー、バッファローより発売へ
業界最小サイズ! USBワンセグチューナー『小型版ちょいテレ』
USBで涼風! 360度回転スタンド付き『どこでもマグネット せんぷうき』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会