ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Galaxy S8 / S8+をデスクトップPC化する「Samsung DeX」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は 3 月 29 日(現地時間)、ニューヨークで新製品発表イベント「Galaxy Unpacked 2017」を開催し、スマートフォンをデスクトップ PC に変えるモバイルデバイス向けの新ソリューション「Samsung DeX」を発表しました。DeX は専用のデスクトップスタンド「DeX Station」に対応スマートフォンを置くと、UI をデスクトップモードにしてモニタにミラーリングし、キーボードやマウスを使って PC のようにアプリを操作できる環境を提供する機能です。対応しているのは同日発表された Galaxy S8 / S8+ です。DeX Station は Galaxy S8 / S8+ を縦置きするスタンドで、4K 対応の HDMI 出力端子、フルサイズの USB コネクタ x2、イーサネットポートを搭載するほか、端末を冷却するクーラーファンも装備しています。DeX は一部の地域では Galaxy S8 / S8+ のバンドルされるようです。Samsung が DeX の活用シーンとして挙げているのは、WEB ページの閲覧、Office などの生産性ツールの利用、画像編集アプリ等を利用したクリエイティブ業務、企業ユーザーのシンクライアントまたはリモートデスクトップ利用です。DeX はアプリのマルチウィンドウに対応しており、ウィンドウ間でデータをドラッグ・アンド・ドロップによって貼り付けることも可能です。また、Samsung は Microsoft や Adobe による協力の下で Office アプリと Adobe のクリエイティブツール群を DeX に最適化しています。Source : Samsung

■関連記事
Samsung、4K撮影やライブストリーミングに対応したVRカメラ「Gear 360(2017)」を発表
Samsung、デザインを刷新した新フラッグシップ「Galaxy S8」「Galaxy S8+」を正式発表、4月21日に発売
Sony Mobile、Xperia新テーマ「Mass Effect Andromeda」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。