体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「脳の中心から音楽が聴こえてくる」世界初の“ハイレゾ級”骨伝導クリップ型イヤホンを実際に試した

IMG_1872_f

骨伝導とは

「骨伝導」という名前、ひょっとしたらどこかで耳にしたことがあるかもしれません。
骨伝導とは頭蓋骨などに振動を伝えて、鼓膜ではなくその奥の音を感じる器官に直接、“音”を伝える技術なのです。

骨伝導は鼓膜に頼らず、その奥の聴覚器官に直接振動を伝えるため、「人ごみの中でも声が聞き取りやすい」などのメリットがあります。

その一方、骨伝導は空気の振動とは異なる音の伝わり方をするため、一般には中・低域の音が強調された「くぐもった」ような音質になりがちといわれていました。

世界初ハイレゾ級の音質の骨伝導?!

クラウドファンディング『GREENFUNDING by T-SITE』で支援展開中のプロジェクト『EarsOpen(EO)』も、骨伝導イヤホンです。

IMG_1953_f

しかし、『EarsOpen』は「世界初、ハイレゾ級骨伝導CLIP型イヤホン」とのふれこみ。骨伝導イヤホンでありながら、オーディオ的な音質にまで気を配っているということでしょうか。

今回ガジェット通信では、BoCo株式会社の協力を得て『EarsOpen』の試作品を試させてもらいました。一体、どんな音がするんだろう……。

IMG_1963_f IMG_1964_f

“脳の中心から聴こえてくる”新感覚

まだ開発中の『EarsOpen』、コアとなるドライバの調整などは大方済んでいるそうです。装着は耳たぶ辺りにクリップで挟む形になるのですが、人の耳の形状は千差万別のため、クリップ部分の最大公約数化に尽力している模様。

IMG_1858_f IMG_1861_f

耳たぶのちょっと上、くぼんだ部分に『EarsOpen』をセット。通常のイヤホンと違って外耳の部分はふさがれていないので環境音は普通に聞こえます。

IMG_1902_f

そこで曲がスタートすると……うわわわ!“頭の中心”から、音楽が聴こえてくる!僕の頭の中心で安室奈美恵さんの『CAN YOU CELEBRATE?』が響き渡ってます。

高域のヌケ良く解像感が高いサウンド

そして、『EarsOpen』の特徴である“ハイレゾ級の音質”にも納得です。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会