ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ガラスの中に広がる戸水賢志の宇宙世界

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
DSC_2159_1

トム・サックス、N.S.ハルシャなど、宇宙をモチーフにした作品で知られるアーティストは世界中に多数いる。日本で「宇宙ガラス」を制作する戸水賢志さんもそのひとりだ。

花やくらげの耐熱ガラス作品を制作していた戸水さんは「実際に見ることができないものをイメージして形にしたい」という思いから、2013年頃「宇宙」をモチーフにしたガラス工芸品の制作を始めた。ガラスや金属、鉱石を幾重にも組み合わせながらバーナーで加熱する製法によって1つ1つ手作業で仕上げるため、同じデザインは世界に1つしかない。星雲、銀河、惑星などの要素の複雑な混ざり合いが、見る角度や光の当たり方によって違う表情を見せる、独創的な美しさにファンが絶えない。

DSC_6097_1ss

制作において戸水さんは3つのことを意識しているという。1つ目は「無駄のない綺麗な動作」。ガラスは長時間熱すると、温度差によりひずみと呼ばれる負担が増えてしまう。その為、必要最低限の時間や工程で制作できるよう、日々作り方を改良する。2つ目に「作業間の間」。ガラスは温度によって柔らかさが異なるため、ガラスの状態を判断し、逆に時間をあけることもあるとのこと。状態を無視して制作を続けると思うように制作できない。間の調整について、戸水さんは「ガラスと対話しているようでとても面白い」と話す。そして3つ目が「客観的に作品を見ること」。作品の写真を自ら撮影するだけでなく、「宇宙ガラス」を購入したお客さんのSNSを見て、作品を研究しているとのこと。

DSC_6706_1

戸水さんは実際の宇宙の写真等を作品づくりの参考に見たり、調べたりすることはしないという。では「宇宙ガラス」制作のインスピレーションは何から得ているのか。「宇宙の写真を参考にしてしまうと、どうしても写真に影響を強く受けてしまうので面白くない。花や建築物などの曲線や色合いから影響を受け、イメージを膨らまし、制作を行う」。「宇宙ガラス」に根強いファンが絶えないのは、単に宇宙を模したガラス玉ではなく、戸水賢志というアーティストがつくりだす「宇宙」のイメージを体現したものだからなのだろう。

戸水賢志
1980年 神奈川県生まれ。2008年5月、耐熱ガラスのアクセサリーと出会い、その道を歩み始める。2015年日経デザイン掲載。J-WAVE アトリエ・ノヴァ Design Award大賞受賞。2016年 NEWS ZERO、めざましテレビ出演。 その他、イベントへの出展多数。

オフィシャルサイト
http://www.plusalpha-glass.com/ 
オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/148376598602916/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。