体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンダー100万円のジャガー Sタイプでお気軽に始める「激シブ英国車生活」!

▲メジャーなドイツ製高級車とはまた異なる激シブなムードを放つ英国車。なかでもオススメとなるジャガーは、基本的にはかなり高価な車なんですが、この「Sタイプ」であれば実はかなりお手頃なのです!

▲メジャーなドイツ製高級車とはまた異なる激シブなムードを放つ英国車。なかでもオススメとなるジャガーは、基本的にはかなり高価な車なんですが、この「Sタイプ」であれば実はかなりお手頃なのです!

車両価格100万円以下でスタート可能な英国車趣味

そろそろヨーロッパ車に乗り替えてみたいけど、BMWやアウディなどの超王道ドイツ車はありがちな感じで好きじゃない……という人もいるかもしれません。そんな人にぜひオススメしたいのが、英国車。独特のシブさというか、良い意味での「影」みたいなものが感じられる英国車はやっぱりステキであり、なかでも英国を代表する「ジャガー」ならば文句なしです。

「でもジャガーってのは、英国だけじゃなく世界を代表する高級ブランドの一つなわけで、それってさすがにかなりお高いんでしょ?」

そのようにおっしゃる人も多いかもしれませんし、確かにおっしゃるとおりです。現行型の「XJ」を新車で買うとなると1000万~2000万円ぐらいは確実に必要ですし、ややコンパクトな「XE」でも新車価格は477万~769万円、その中古車も320万円以上となるのが普通です。

しかし、99年6月から08年4月まで販売された中型サルーン「Sタイプ」であれば、実は車両価格100万円以下でも余裕で探せてしまうのです。

▲こちらがジャガー Sタイプ。フォードの高級車ラインである「リンカーン」から販売されていたリンカーン LSのプラットフォームをベースに作られた英国車です

▲こちらがジャガー Sタイプ。フォードの高級車ラインである「リンカーン」から販売されていたリンカーン LSのプラットフォームをベースに作られた英国車です

▲写真だと比較的小ぶりに見えるSタイプですが、実際のスリーサイズは4905×1820×1445mmというなかなかのもの。しかし最上級モデル「XJ」と比べれば確かにコンパクトなので、都市部での取り回し性能は良好です

▲写真だと比較的小ぶりに見えるSタイプですが、実際のスリーサイズは4905×1820×1445mmというなかなかのもの。しかし最上級モデル「XJ」と比べれば確かにコンパクトなので、都市部での取り回し性能は良好です

リンカーン LSがベースの英米合作モデル

ジャガー Sタイプは、89年から00年代後半までアメリカのフォード傘下だったジャガーが、リンカーン LSの車台を流用して作ったアッパーミドルセダン。初期モデルの搭載エンジンはフォード製の3L V6とジャガー製の4L V8で、ボディデザインはジャガーの長い歴史に基づくイメージをそのまま形にしたといったニュアンスの、なかなかシブいものでした。

純粋な英国車ではなく「英米合作」ということで毛嫌いするマニアも一部いましたが、程よいサイズのSタイプは「ジャガーは好きなんだけど、フルサイズのXJだとちょっと大きすぎる……」と感じていた層の心をつかみ、まずまずのヒット作となりました。実際走らせてみても、さすがに超上級モデルであるXJほどではないかもしれませんが、いかにも高級車然としたしっとりとした乗り味が十分以上に感じられ、内装の質感もいい感じに上質な、なかなかステキなサルーンだったのです。

そんなナイスなジャガー Sタイプが「車両100万円以下で余裕」というのですから、これはもう「メジャーすぎるドイツ車にはちょっと辟易してる」という人にぜひオススメしたいところなのですが、それと同時にちょっとしたアドバイスもお伝えしなければなりません。

それは「できれば02年式以降、さらに可能なら04年式以降を選んだ方がいいかも」ということです。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。