ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

紙のノートをデジタル処理!高機能なスマートライトが便利そう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
lampix1

特別な仕掛けのない一般的なデスクの表面を、インタラクティブ・ディスプレイに。米のサンフランシスコとNYに拠点を置くスタートアップが、1年ほど前にでも動画を公開したランプ「Lampix」が注目を集めている。

先ごろ、テキサス州オースティンで行なわれていたイベント「サウス・バイ・サウスウエスト」。その中で開催された、様々な分野のテクノロジー・イノベーションを評価する”Accelerator Pitch Event”の、AR&VR部門を受賞したのがLampixだ。

・机などの表面にARを投影

Lampixは、物理的な素材の表面に拡張現実(AR)を投影。 搭載されたRaspberry Pi、800万画素のカメラ、プロジェクターの働きによって、ガラスや周辺機器がなくても、自分の手でコンピューターを操作することできるという。

カメラは対象物やユーザーの体のパーツの動きをトラッキングし、次の動きを予想・反応。コーヒーの小さなフタなどを、ゲーム内の移動する物体として利用するといった応用法も考えられる。

・アナログな文書を簡単にデジタル編集

lampix3

アナログな文書とデジタル上のデータのやりとりも簡単で、ユーザーは紙のドキュメントからコピー&ペーストしたり、文書をアップロードし、PC上で編集するといった作業もストレスなく可能だ。

また、別のユーザーとのプロジェクトの共同作業もスムーズにできるよう設計されており、Lampixはドキュメント上の変更をリアルタイムで反映するということだ。

プロジェクターを使用しているため、明るい部屋や光る表面には使えないといった弱点はあるものの、身近に置いておけば便利そうなこのガジェット。今後の展開が楽しみだ。

Lampix

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。