体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【再録】500円・200円・100円のお買い得弁当まとめ

【再録】500円・200円・100円のお買い得弁当まとめ

この記事は、現在は掲載期間を終了しているPR記事の企画で取材した、価格が500円・200円・100円というお買い得弁当の情報を抜粋して再録するものです。お得にランチを楽しみたい方、参考にしてみてください!

500円なら海鮮丼が食べられる!

bento2

まずは500円のお弁当を求めて「寿司屋が始めた海の丼」の看板で知られる“丼丸”へ。500円なら弁当としては普通の価格帯ですが、この丼丸、500円で海鮮丼が食べられるのです。

bento3

店舗により種類は異なるそうですが、買いに行った浅草橋台東店ではまぐろ丼、ウニ丼、イクラ丼など50種類以上の海鮮丼が、どれも500円(税別)。

bento4 bento5

ウニ・イクラ・まぐろ・ネギトロ・イカが載った海鮮丼を購入。500円でこんな豪華な海鮮丼が食べられるなんて!

bento6

ウニとイクラとまぐろをいっぺんに口に放り込む多幸感! 新鮮なネタの数々、ボリュームたっぷりの酢飯、堪能いたしました。

丼丸 浅草橋台東店
http://sasafune.co.jp/archives/1123

200円なのにできたてホカホカののり弁が食べられる!

bento7

続いて200円のお弁当を探索。「本当に200円のお弁当なんてあるの?」と思うかもしれません。あるんです! ここ“プラチナ ドン・キホーテ白金台店”に!

bento8

お昼直前と夕方に、数量限定で販売されているという200円のお弁当。売り切れ間近の『驚安!鮭のっけのり弁』をゲットすることができました。

bento9 bento10

おかかとのりを載せたご飯の上に、焼きジャケ、ちくわの天ぷらの2大おかずが器狭しと盛られ、きんぴらごぼうと漬物もついたパーフェクト! な“のり弁”。確かに200円(税別)ですが、店舗内の厨房で調理されて提供されるので、まだ温かい状態で手に取ることができるのです。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。