ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

イベントレポート : 超楽しかった「Galaxy Studio in Fukuoka」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Samsung が 3 月 9 日より九州・福岡で開催しているイベント「Galaxy Studio in Fukuoka」に參加してきました。Galaxy Studio は実機のデモ展示と実機を用いた様々なアトラクションを通じて Samsung 製品の魅力を伝える体験型イベントです。これまでに、東京、横浜、名古屋、大阪で開催され、今回、福岡で初めて開催されました。私は日々 Samsung 情報をウォッチしていることもあって Samsung 製品についてはある程度知っているつもりです。そのため、Galaxy Studio に參加しても、「ふーん、こなものか」と冷めた目で見る予定だったのですが、実際に Galaxy Studio に參加すると、予想に反する展示の面白さと規模の大きさに驚くと共に、振り返ってみると童心に戻って楽しんでいました。Galaxy Studio は福岡市の中心部、天神のソラリアプラザ 1F で開催中です。ここは福岡の中でも特に人通りの多い施設で、周囲にはデパートも多く、Galaxy Studio に參加していた人の半数以上は女性だった記憶があります。また、この日は日曜日だったこともあり、ファミリーも多いようでした。Galaxy Studio は展示がメインかと思いきや、次の写真のように、動く座席と VR でリアルな映像を体験できる 4D シアターなどのアトラクションがあちらこちらに設置されており、Galaxy Studio はこれらのアトラクションを巡り Samsung 製品を体験します。まるでジョイポリスですね。会場入ると説明員が寄ってきたスタンプラリーの台紙を手渡してくれます。各アトラクションを体験するとスタンプが押印され、例えば、4 つのスタンプを集めると次の 4D シアターを体験できるチケットになるなど、けっこう上手いやり方で人々を誘導していました。Galaxy Studio の展示内容は、Galaxy スマートフォン、Gear VR、Gear S3 などのウェアラブルデバイスがメインでした。これらの製品は全て国内で販売されており、私もいくつかを所有していますが、例えば、Galaxy S7 edge のアトラクションでは、暗いブースに入って Galaxy S7 edge のカメラと参加者のスマートフォンを使って暗所撮影時の画質にどれほどの違いがあるのかを実機で紹介したり、Galaxy S7 edge と參加者のスマートフォンでカメラのフォーカススピードや自撮り写真の画質を比較して見せたりと、ただ展示を見たり説明を聞くだけのつまらない展示ではなく、説明員と対話しながら体験する、みんなでワイワイ言いながら楽しめるものでした。紹介の仕方が非常にうまいと思いました。Gear S3 のアトラクションでは、実機に触れることはもちろん可能で、さらに、説明員のスマートフォンと電話で通話したり、LINE メッセージへの返信をどのように行うのかを実機を用いて説明していました。アトラクションの中には防水・防塵を参加者に体験してもらうためにと、水中撮影セットも設置されていました。アトラクションの規模や参加者の多さから Galaxy Studio がいかに魅力的なイベントだったのがお分かりいただけたのではないかと思います。私も、当初の予定では 10 ~ 20 分程度パパっと見て撤退しようと思っていましたが、実際の滞在時間は 1 時間を超えていたかと思います。時間を忘れて楽しんでいたということです.Samsung が「好評」だという理由はよく分かりました。私も次回開催されれば、また參加してみようかと思います。

■関連記事
Chrome 59 Dev版で新しいタブのデザインが刷新
背面に2つのカメラを備えたXiaomiスマートフォンの画像が流出
Android Oベータ版のリリースは5月頃?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。