ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

3Dプリンター・レーザー&CNC彫刻機になるデスクトップ3イン1ツール「Snapmaker」が大人気!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Snapmaker今、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集中の「Snapmaker」は、机の上に置けるサイズ感の3Dプリンター。それだけではなく、レーザー彫刻、CNC彫刻までできる3イン1のスグレモノ。

3Dプリンターというとどうしても値段が高すぎたり、重くて大きすぎたり、あるいは組み立てが複雑すぎたりして、初心者向けでないものも多い。こちらは初心者も嬉しい299ドル(約3万3000円)からという値段設定に加え、組み立ても簡単。誰でも気軽に扱えるのが大きな特徴だ。

・正確な直線運動を実現

Snapmaker2堅固なアルミニウム合金フレーム製のプリンターは、いかにも産業デザインな見た目。新式の直線型モジュールを採用することで、xyzどの軸方向にも動かせ、正確な直線運動を実現。

・専用ソフトウェアでファイル作成も楽々

「Snap3D」という専用のソフトウェアが用意されていて、ドラッグ&ドロップの簡単操作でプリントファイルを作成したり、別のファイルを追加するようなこともできる。

また、専用の3.2インチカラータッチスクリーンを使って、さまざまなコントロール設定が調整可能だ。3Dプリンタの操作でしばしば必要になる、レベリング調整が不要なのもありがたい。

・レーザー&CNC彫刻もできる

Snapmaker3モジュールを変更すれば、500mWのレーザー彫刻機にもなるので、木や竹材、革、プラスチックや生地など、さまざまな素材にレーザー彫刻で絵やロゴを彫ることができる。

もう1つ、CNCモジュールにチェンジすることも可能で、ドリル先で木材に彫刻を施したりもできる。

・組み立てはたったの10分で!

「Snapmaker」本体の組み立ても、10個のパーツを組み立てるだけで、10分程度しかかからないという簡単さ。幅272ミリメートル、総重量4.5キログラムというコンパクトさなので、デスクトップ周りで作業するのにピッタリ。

早くも目標金額5万ドル(約560万円)のところ60万ドル(約670万円)以上の資金を集める人気ぶりだ。気になる人はお早めにチェックを。

Snapmaker

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。