体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画アリ】動く・会話する・並列化する! スマホで操作できる『1/8 タチコマ』が15万7400円で発売へ

DSC_0157

ネット接続型家電の企画・開発を手掛けるCerevoは、アニメ『攻殻機動隊 S.A.C.』に登場する多脚戦車“タチコマ”を1/8サイズで再現したスマート・トイ『うごく、しゃべる、並列化する。1/8 タチコマ』の発売を発表。

DSC_0164

Cerevoの直販サイト『Cerevo official store』にて本日より予約を開始し、6月に出荷を予定。価格は15万7400円(税抜き)です。

限界まで再現性にこだわったタチコマ

DSC_0032

都内で開催された発表会に登壇したCerevo代表取締役の岩佐琢磨氏は、「タチコマのスケールモデルやおもちゃは数あれど、我々は一味違うものを開発した。玩具業界のアプローチではなく、家電のテクノロジーを使って限界まで再現性にこだわった。開発期間は1年以上。 “おもちゃ”とは呼びたくない。そのレベルは大きく超えている」と説明。製品カテゴリを「ロボタイズド・キャラクター」と定義し、「三次元世界で動き、しゃべることができる」と強調しました。

DSC_0156 DSC_0159

『1/8 タチコマ』は、本体サイズ幅352×奥行391×高さ249mmで、重量1.5kg。バッテリー駆動時間は約6時間(本体動作により利用時間は変動)。

DSC_0111

スマートフォン(iOS9.3以上、Android4.4以上)のアプリから一連の操作が可能です。

DSC_0042

計21個のモーターを搭載し、脚部、マニピュレータ(腕部)、ポッド(搭乗部)といった各部位が連動しながら動作。走行や旋回はアニメさながらの動きです。リモート操作の他、会話に合わせて自律動作するため、まるでタチコマが感情を持って動いているかのようです。

DSC_0045
1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。