体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

用途別!タマネギの切り方 [カットバリエーション]編

用途別!タマネギの切り方 [カットバリエーション]編

煮てよし、炒めてよし、生でもよしのタマネギは、季節を問わず使う頻度の高い、便利な野菜。いろいろな料理に使うからこそ、用途に合わせた切り方のバリエーションは覚えておきたいもの。今さら聞けない切り方のポイントを、料理研究家の高城順子先生に教えていただきました。

切る向きによって味わいが変わる

タマネギを切るとき、ポイントになるのが「繊維の方向」。繊維に沿って切れば、シャキシャキとした食感を生かせます。繊維を断ち切るように切れば、口当たりが柔らかくなり、短時間で火が通ります。

炒めもの・スープに

炒めもの・スープに

繊維に沿って切ると、加熱しても形が崩れにくく、食感を残せます。炒めものやスープなどに適した切り方です。

短時間で甘くやわらかく煮たいとき

短時間で甘くやわらかく煮たいとき

繊維を断ち切るように切ると、細胞が壊れ、やわらかな食感に。辛味成分が出てしまうので、タマネギ本来のうまみや甘みを感じやすくなります。ハヤシライスやビーフストロガノフにおすすめの切り方です。

芯を落とすとほぐれやすい

根元の部分に三角形の切れ目を入れ、芯を落としてからカットしましょう。1枚1枚がほぐれやすくなります。

生で食べる場合、辛いのが気になるときには?

生で食べる場合、辛いのが気になるときには?

繊維を断ち切るように1~2mmの幅に薄切りし、水に放ちましょう。
辛味成分が流れ出し、においも軽減して食べやすくなります。

料理や加熱時間によって切り方を工夫!

タマネギは、サッと加熱すると辛みを感じやすく、じっくり火を通すほどにうまみ・甘みが引き立ちます。味の好みや仕上がりの食感によって、切り方を工夫してみましょう。

ほかの野菜と合わせるときは角切りに

ほかの野菜と合わせるときは角切りに

いろいろな食材と一緒に煮込んだときにも食感があり、しっかり味わいたい場合には、他の食材と大きさをそろえて角切りに。ミネストローネやラタトゥイユに適しています。

バーベキューやオニオンリングには輪切りが最適

バーベキューやオニオンリングには輪切りが最適

バーベキューやフライなどには、繊維を断つ方向の輪切りに。歯切れがよく、やわらかく仕上げられます。味がしみやすいメリットも。

煮込む料理にはくし切りがおすすめ

煮込む料理にはくし切りがおすすめ
1 2次のページ
VEGEDAY powerd by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。