ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

丸ごと1本買った大根を、おいしく保存するポイント

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
丸ごと1本買った大根を、おいしく保存するポイント

「大根を一本買いしたものの、使い切れずにしなびてしまった…」「ス(※)が入ってしまった」こんな経験はありませんか。使おうと思っていたけれど、使い切れないうちに傷んで捨ててしまう…本当にもったいないですよね。食費のやりくりを考えたら、できるだけ食材のムダは省きたい!と考えているはず。

大根のス

スとは、成長しすぎなどが原因で、内部が割れてできてしまった空間(亀裂)のこと。

そこで、注目してほしいのが、大根のための“冷蔵保存”と“冷凍保存”の方法です。少しの知識だけで、大根を傷ませることなく、使い切ることができるのです!今回は、一本買いした大根を余すことなく、おいしく食べきるための便利な保存方法をご紹介します。

大根の部位を賢く使い分けるための保存方法

大根は部位によって、味も食感も違うのをご存じですか?せっかくなら、部位に合った料理法で使い分けるのがおすすめ。部位別に切り分けておけば、保存もしやすくなります。
(詳しくはこちら:甘いカット大根を選ぶコツと、部位別のオススメ料理法

1:切り分け方
まず、大根は葉や茎がついているとしなびやすいので、買ってすぐに葉や茎の部分は切り分けておきます。さらに大根の身を根元部分、中間部分、先端部の3つに切り分けます。

大根の切り分け方

2:葉の保存方法
葉は、葉元ギリギリのところに包丁を入れ、切り口のところにキッチンペーパーを巻きます。そしてビニール袋に入れて立てた状態で保存しておきます。こうすると傷みにくく、葉の部分も余すことなく食べられます。

大根の保存方法

memo

葉は大根の身よりも栄養たっぷりで、ビタミンCやAも豊富。細かく刻んで菜飯にしたり、炒めてふりかけにするなど、ぜひ活用しましょう。

3:大根の保存方法
三等分した大根は、それぞれキッチンペーパーで丁寧に包んだ後、ポリ袋に入れて口をしばるか、ジッパー式保存袋に入れ、密封して保管します。キッチンペーパーが湿ってきたら、まめに取り替えましょう。

大根の保存方法

memo

どの部位かが分かるように目印をつけておくと、使うときに取り出しやすくなります。

大根の賞味期限が延長!用途別に冷凍保存

「とにかく時短!カットしてあるものをそのまま鍋へ投入したい」、「おろしをすぐに使えたら便利なのに」。そんな人はそのままポンと使える、冷凍保存がおすすめです。 

大根の保存ポイント

料理用にカットしてから冷凍

料理用にカットしてから冷凍
イチョウ切り、短冊切り、輪切りなどにした大根を、冷凍用保存袋に小分けして冷凍庫へ。そのまま味噌汁などに入れられて重宝します。保存目安は約1カ月。

大根の保存ポイント

大根おろしにして冷凍

大根おろしにして冷凍
大根をすりおろしたら、水気を切り、製氷皿やアルミカップなどで小分けにして冷凍。凍ったら、冷凍保存袋へ。使うときには自然解凍してそのまま食べることができます。1カ月ほどを目安に使いきりましょう。

大根の保存ポイント

葉も刻んで冷凍

葉も刻んで冷凍
細かく刻んだ葉を塩揉みし、緑色の汁が出てきたら流水で洗います。水気を絞ってから、ラップで小分けに包み、冷凍保存用袋に入れて冷凍庫へ。この状態で約1カ月保存できます。

最後に

食材をムダにしたくない、だけど気付くといつも野菜をダメにしてしまう…。毎日忙しい人も、保存方法を見直すだけで、丸ごと大根もおいしく使い切ることが可能です。大根は胃腸の働きをサポート、毎日食べたい食材でもあります。ぜひ、ムダにすることなく、家族みんなの食卓に並べてほしいと思います。

【大根】栄養たっぷり!大根の賢い保存方法

【大根】栄養たっぷり!大根の賢い保存方法

ほぼ一年中出回っていますが、旬は晩秋から初冬。大根の辛みには、消化を良くする作用や血栓ができるのを防いだり、ガン予防のはたらきが報告されています。

最終更新:2017.08.21

文:齊藤カオリ
写真:山田和幸
監修:カゴメ
参考文献:『ひと目でわかる! 食品保存事典』島本美由紀著(講談社)
旬の野菜の栄養事典』吉田企世子監修(エクスナレッジ)/全229種の野菜の糖質量を完全網羅。身近な野菜の栄養がすぐに分かる!15年ぶりの大幅改訂となる「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」対応。
『新・野菜の便利帳』板木利隆監修(高橋書店)

VEGEDAY powerd by KAGOMEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。