ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『シン・ゴジラ』造形の臨界点へ 重塗装で圧巻のソフビフィギュア誕生! 4形態を手に入れろ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016 クライマックスver.,形態変化3体セット

昨年の日本アカデミー賞を総なめにし、大ヒットした映画『シン・ゴジラ』のBlu-ray&DVDが本日3月22日に発売! 同時に、劇中のゴジラ4形態を再現したフィギュアがプレミアムバンダイから登場、予約がスタート。

今回登場したのは、クライマックスシーンのゴジラを再現した『ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016 クライマックスver.』と、ソフビフィギュア3体セット『ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016 形態変化3体セット』。

※映画を観ていない人はかなりネタバレになるので注意。

ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016 形態変化3体セット

再現度の高さにこだわった怪獣ソフビフィギュア“ムービーモンスターシリーズ”。

20170322_p_600x341

2016年8月に発売した「第二形態ver.」、「第三形態ver.」を重塗装でリペイント、さらに今回は「凍結ver.」を加えたソフビフィギュア3体セットが登場!

第2形態

長い尻尾を引きずりながらビルをなぎ倒すように進む姿が印象的な蒲田くんの愛称でも親しまれる「第2形態ver.」。

第3形態

赤黒い体表で直立二足歩行を始めた「第3形態ver.」は、劇中使用モデリングを基に作られた造形の上に、陰影を醸し出す“塗り足し”で劇中登場シーンを意識した塗装を施し、画面の中で暴れるゴジラの迫力をより忠実に再現することに成功しています。

第2形態比較 第3形態比較

2016年に発売したフィギュア(画像左)と並べると、色や風合いの深みが重塗装により格段に増しているのがわかります。

凍結ver.(全体像)

新たに追加された「凍結ver.」は映画の最終場面で凍結されたゴジラを、新規金型で臨場感をそのままに商品化。黒地のボディにダークホワイトを塗りつける手法で、物語の終盤を荘厳に飾る凍結シーンを忠実に再現した塗装も見どころです。

凍結ver.(尻尾)

あの尻尾のディティールもこだわっており、見逃せません!

3体セット

ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016 クライマックスver.

さらに、劇中でも特に印象深い熱線を吐き出しているクライマックスシーンのゴジラを約17cmで立体化!

20170322_c_600x341

熱線を放射する大きな口から胴にかけて、新規で金型を起しフォルムを一新! 「ゴジラソフビ史上 現代最高の造形の臨界点へ!」のキャッチコピーの通り、これがソフビか!? というほど圧巻の重厚感と迫力。

クライマックスver.(アップ) クライマックスver.(全体像)

口の中の形状は劇中使用モデリングを参考に、シワまで忠実に再現。体表の色をメタリックパープルで塗装し、背ビレはクリアパーツにすることで、紫色に光るゴジラの様子をより再現度を高めて表現。進撃するゴジラのダイナミックな迫力を緻密な造形と共に表現しました。

クライマックスアップver.(口腔内) クライマックスver.(背ビレ)

大きく開いた口に光る背びれ、絶望感を感じた圧倒的なゴジラの強さが凝縮されています!

Blu-ray&DVDを観てまた気分が高まった人もいるのでは? 『シン・ゴジラ』4形態すべてを手に入れろ!

商品概要

商品名:ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016 クライマックスver.
価格:2,700円(税込)(送料・手数料別途)
対象年齢:3才以上
セット内容:ゴジラ2016 クライマックスver. 1体
商品サイズ:全高約170mm
商品ページ:
http://p-bandai.jp/item/item-1000113725/

商品名:ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016 形態変化3体セット
価格:8,100円(税込)(送料・手数料別途)
対象年齢:3才以上
セット内容:ゴジラ2016 第2形態ver. /ゴジラ2016 第3形態ver. /ゴジラ2016 凍結ver. /各1体
商品サイズ:第2形態ver.  約95mm/第3形態ver.  約130mm/凍結ver. 全高約165mm
商品ページ:
http://p-bandai.jp/item/item-1000113724/[リンク]

<共通項目>
商品素材:PVC
生産国:中国
販売ルート:バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」
予約期間:2017年3月22日(水)11時~2017年6月19日(月)23時予定
商品お届け:2017年9月予定

TM&(C)TOHO CO., LTD.

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。