体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

軽量でコンパクト!もしものときのために備えておきたい『非常用簡易トイレ』がまわりが気にならないポンチョ付きにリニューアル!

自然災害や緊急時などもしものときのために、水や食料の備蓄に加えてぜひ用意しておきたいのが株式会社サンコーの『非常用簡易トイレ』だ。食料品などと違い使用期限がないため、ひとつ用意しておくとずっと安心できる。災害時はもちろん、海や山などのレジャーにも幅広く使えてとても便利。さらに今回からは、頭からかぶるだけの目隠しポンチョも付いて、使いやすさがUPした!

 

被災したとき困るのがトイレ。日頃からしっかり備えを!

地震や風水害などにより自宅が損壊してしまったり、断水で水道の水が出なくなってしまうことがある。そんなとき、困るのがトイレだ。避難先の施設や公園などのトイレを利用しようにも長い列ができてしまい、大変な思いをする。家族にお年寄りや小さな子供がいればなおさらのことだろう。

 

震災などの自然災害はいつ何時襲ってくるか予測できないため、日頃からしっかり備えておくことが大切だ。株式会社サンコーの『非常用簡易トイレ』は、段ボールを組み立てて作る非常時のための組み立て簡単な簡易トイレ。

食料などの備蓄は数年で消費期限がきてしまうが、『非常用簡易トイレ』は期限を気にすることなく長く保管しておける。

株式会社サンコーの『非常用簡易トイレ』は重さ約1kgと、とても軽い。外装が収納ケースになっており、取っ手も付いて持ち運びがしやすいようにデザインされている。ケースに入れたままでの大きさは、小さめの座布団1枚分といった程度でとてもコンパクト。

物置やクローゼット、部屋の片隅に置いておいてもかさばらず、いざというときでも持ち出しやすい。

 

道具は必要なし!女性ひとりでも簡単に組み立てが可能

組み立てには道具を何も使わないというのも良い。

段ボールの骨組みを起こし、脚に補強のためのプラスチックのキャップと便座を取り付ければ完成だ。記者がひとりで組み立ててみたが、3分もかからず簡単にできた。

土台は段ボールだけだが、約120㎏までの体重に対応している。便座は使いやすいU型で、小さな子供から大人まで利用できるちょうどいいサイズ。実際に腰かけてみたが、がたついたり、不安定にゆがんだりということは一切なく、普通のイスのようにがっしり体を支えてくれる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。