体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「私を本当に愛してくれるのは…」源氏の復活と朧月夜の決断!青春時代とモラトリアムの終わり~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

ホーム・スイート・ホーム…源氏、約3年ぶりに帰宅

源氏は難波でお祓いをしたあと、急いで帰京しました。お告げで導いてくれた住吉神社にもお参りしたかったのですが、荷物や従者が多すぎて自分では参拝できず。そのまままっすぐ我が家に帰りました。

源氏側も、京に残った側もみな夢にまで見た再会に喜び、涙します。もちろん一番うれしかったのは紫の上との再会でした。もう二度と会えないかもしれない、生きていても仕方ないと思った日々が報われたのです。見ない間にすっかり大人っぽく美しくなった紫の上。これからは彼女と一緒に暮らせると思うと嬉しい一方、置いてきた明石の君を思うと胸が痛みます。

源氏は紫の上に、早速明石の君の話をしました。彼女のことを語る源氏の様子は随分と熱心で、どうもただの出来心の浮気ではなさそう…。紫の上が1人で(間男を通わせたりもせずに)孤独に耐えていた間、なんだかんだ言って源氏は明石でよろしくやっていたわけで、そのあたりの経緯も含め、明石の君なる人がどうしてもスルーできません。

紫の上はポロッと「身をば思わず…(忘らるる身をば思はず誓ひてし人の命の惜しくもあるかな)」私はどうなろうといいけど、決して心変わりしないと神に誓ったあなたが罰を受けないか心配ね!とヤキモチ。

紫の上の嫉妬パターンはいくつかありますが、一番可愛いのがこれです。チラッとだけいう、こういう妬き方が源氏は大好きで、ああ本当に可愛いひとだ、と改めて思うのでした。まあ、妬いてくれるうちが華。後半、こんな可愛いセリフがドンドン出なくなっていくんですからね…。

二条院に戻ってきた源氏は、さすがに自重して浮気歩きは再開していません。「そちらでは毎朝、あなたの嘆きのため息が霧になって立ち込めているのでは…」と明石の君に送り、須磨で自分を見舞ってくれた五節の君からの手紙にも返事をしますが、どれも手紙だけです。気の毒なのは花散里で、帰ってきたのに源氏が逢いに来ないのを寂しく思っていました。

「わたしは恋よりも愛を選ぶ」朧月夜の決断

帰京後まもなく、源氏は元の官位を取り戻し、新たに大納言の地位を得ます。惟光らの身分も元通りになり、皆、社会的な名誉を回復しました。源氏28歳の秋です。

まず一番最初に取り掛かったのは、父・桐壺院の御八講。夢に出て自分を救ってくれた父への供養を執り行いました。その間に皇太子や藤壺の宮とも再会。皇太子は既に10歳で、年齢よりもずっとしっかりした賢い少年に育っていました。実の父とも知らず、源氏との再会を無邪気に喜んでいる姿が愛おしくも、あわれでもありました。

一方で、太后は相変わらず、源氏が戻ってきたのが悔しくてなりません。「とうとうあの男を消すことが出来なかった!」彼女の病気は重いままですが、帝の眼病は源氏との再会で日に日に回復。本当に目が悪くなったわけではなく、やっぱり精神的なストレスだったんでしょうね。

それでも、疲れ果てた帝は「なんだか長生きできそうな気がしない。心もとないことだ」。皇太子は聡明だし、源氏も戻ってきてくれた。もう自分の役目は終わった……と、譲位の意向を固めます。ただひとつ気がかりなのが、朧月夜のことでした。

「右大臣も亡くなり、母上(太后)も病が重い。私の寿命も長くないようだし、あなたを守ってあげられる人がいなくなったら、と心配ばかりしているよ。あなたは最初から誰かさんのことばかり想い続けて、私のことはどうとも思っていなかったみたいだけど、私はあなたが大好きだ」。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。