ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

米ニュース専門放送局CNNがVR専用プラットフォーム「CNNVR」を開設

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

CNNが開設したVR専門プラットフォーム「CNNVR」VR(バーチャル・リアリティ)とは、ビジュアルやサウンドによってユーザーの感覚を刺激する仮想空間を創り出し、まるで現実のように知覚させる技術のこと。

主にゲームやアニメ、映画など、エンターテインメントの分野で進化してきたが、最近、ジャーナリズムでも、この技術が応用されはじめている。

・CNNがVR専門プラットフォームを開設

VRコンテンツのサンプルこれまでに50本以上のニュースコンテンツを360度動画で製作してきた米ニュース専門放送局CNNは、2017年3月、VR専用プラットフォーム「CNNVR」を正式に開設。

CNNが配信するダイナミックなVRコンテンツに、視聴者が様々なデバイスからアクセスしやすい環境を整備した。

具体的には、ウェブサイトのほか、CNN公式スマホアプリも360度動画に対応。

グーグルの「Daydream View」、サムスンの「GearVR」、オキュラス社の「Oculus Rift(オキュラス・リフト)」といった主要なVRヘッドマウントディスプレイでも、CNNのVRコンテンツを視聴することができる。

・放送業界でのVR活用の広がり

放送業界では、CNNのほか、英国放送協会(BBC)が360度動画のユーザー実験に着手した。

北欧スウェーデンの公共テレビ局であるスウェーデン・テレビ(SVT)でも、スウェーデンのスタートアップ企業「WonderWorld VR」と提携し、360度動画再生アプリ「SVT360」を開発している。

時空を超え、遠い出来事を瞬時に目の前に引き寄せることができるVRは、ユーザーに疑似体験させることで、より共感をもたらしやすいのが特徴。

従来のテキストや画像、音声、動画に加え、新たな表現メディアとして、VRに期待される役割は、ますます大きくなりつつあるようだ。

CNNVR

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。