ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

広告ステッカーを貼ったマイカーで稼ぐ!クラウドソーシングを活用した広告プラットフォーム「Wrapify」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ドライバーと広告主をつなぐプラットフォーム「Wrapify」屋外広告とは、広告看板やネオンサイン、電柱広告、ポスターなど、常時または一定期間、屋外で公衆に向けて表示される看板類のこと。

米調査会社IBISWorldによると、その市場規模は、米国で、年間およそ80億ドル(約9,180億円)となっている。

・広告ステッカーを貼ったマイカーで報酬がもらえる!

Wrapifyのスマホアプリ米カリフォルニア州で2015年に創設された「Wrapify(ラッピファイ)」は、ドライバーと広告主の企業とをつなぐオンラインプラットフォーム。

ドライバーは、広告主が無償で提供する専用ステッカーを自動車のボディの全体または一部に貼り、専用スマホアプリをインストールしたモバイル端末を携帯して運転すると、走行距離やエリアなどに応じて、1ヶ月で264ドル(約30,290円)から452ドル(約51,860円)の報酬が得られる仕組みだ。

ドライバーの走行状況はスマホアプリを介して常時追跡され、広告主は、走行中の自動車の台数や移動ルートのほか、インプレッション数やリーチ数などもリアルタイムで閲覧できる。

・クラウドソーシングを活用した21世紀型の屋外広告モデル

「Wrapify」は、現在、サンフランシスコやニューヨーク、ボストンなど、米国26都市で展開。

これまでに、オンデマンド配車サービス「Lyft」やカーシェアサービス「Zipcar」、インターネットオークションサイト「eBay」などで活用実績があるという。

「Wrapify」と同様のプラットフォームとしては、ロシアの「StickerRide」も運営されているが、クラウドソーシングやシェアリングエコノミー(共有経済)のコンセプトを生かした“21世紀の屋外広告”のひとつとして、今後ますます広がっていきそうだ。

Wrapify

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。