体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タカラトミー商談会】ビールにいつでも入れたての泡を! 電池いらずの『ジョッキアワー』

【タカラトミー商談会】電池いらずでビールにいつでも入れたての泡を! 『ジョッキアワー』

タカラトミーグループは、1月31日から2月1日にかけて東京・都立産業貿易センター浜松町館で、2012年4~6月に向けた主力製品を発表する『2012タカラトミーグループ春商談会』を開催しています。タカラトミーアーツは、缶ビールをおいしく飲むためのおもちゃ『ジョッキアワー』を出展しました。

※記事のすべての写真が表示されない場合はガジェット通信をご覧ください

泡が消えてきたビール レバーを押すと泡の層が復活

ジョッキでビールを飲んでいると、注ぎたては泡が立っているものの、しばらく飲んでいくうちに泡の層が消えてしまいますよね。泡の層はビールにフタをして炭酸ガスが逃げるのを防ぎ、口当たりよく飲むためにも必須。『ジョッキアワー』を使えば、取っ手のレバーを押すと残っている炭酸でビールが泡立ち、何回でも泡の層をよみがえらせることができます。

レバーを押すとハンマーが底を叩き、振動で泡が立つ仕組み

その仕掛けはジョッキの底にありました。レバーを押すとハンマーが底を叩き、振動で泡を立てることができるのです。

同社は缶ビールに取り付け、注ぎ口の羽根が回転してきめ細かい泡を立てるおもちゃ『ビールアワー』を販売していますが、『ビールアワー』は単4電池1本が必要なのに対して、『ジョッキアワー』は電池が不要。丸洗いできてメンテナンスが楽なので、外でのバーベキューやキャンプに活躍しそう。ただし、泡のきめ細かさは『ビールアワー』の方が上とのこと。こだわり派は『ビールアワー』、気軽に楽しみたい方は『ジョッキアワー』がオススメできそうです。

『ジョッキアワー』は5月に発売予定で、価格は1575円(税込み)です。父の日のプレゼントにも喜ばれそうですね。

参考記事:
きめ細かい泡を盛れる『ビールアワー』を使って自宅でオクトーバーフェスト気分
http://getnews.jp/archives/118691[リンク]

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。