体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界のベストコーヒーの中に選ばれたケープタウン“Truth Coffee Roasting”【南アフリカ】

872A1427

日本でもブルーボトルの上陸などで浸透してきた「サードウェーブコーヒー」ですが、世界中でシングルオリジンの豆を焙煎してお客さんに提供するお店が増えてきています。

872A1394

そんな中、イギリスのテレグラフ紙が”The world’s best coffee shops”として世界中の良質なコーヒーショップを紹介してますが、その中で最初に紹介されているのが、南アフリカ・ケープタウンの”Truth Coffee Roasting”です。

http://www.telegraph.co.uk/food-and-drink/drinks/the-worlds-best-coffee-shops/ [リンク]

872A1410

お店のランク付けというのは、趣味趣向もあるし、「世界中でいいコーヒーショップというからには、世界中でどれだけのコーヒーショップを見て回ったんだ!」とかいろいろ苦情が来やすい企画なんですが、テレグラフ紙の判断力はいかほどのものかな、、と思いつつ行ってみました。

872A1416

コーヒーは焙煎して2、3日経ったぐらいが風味も安定しておいしいコーヒーが作れるのですが、そこからは時間が経つほど香りが飛んで行ってしまいます。
というわけで、おいしいと評判のコーヒー屋さんは、ロースターから空輸したり、店内でローストしたりと工夫を凝らすわけです。
店舗で焙煎してるコーヒーショップでは、ドイツのdiedrichやProbatといったコーヒー焙煎機を使っていることが多いのですが、せいせい12kg釜だったり5kg釜だったりを使っています。

872A1408

ところが、”Truth Coffee Roasting”は、店舗サイズを完全に逸脱したProbatの60kg級の釜っぽいものを使ってたりします。

872A1407

そんな巨大な金属の釜が店の中心にあるので、店内はサイバーパンクな世界観になっています。

872A1434 872A1402
1 2次のページ
ひろゆきの記事一覧をみる

記者:

1年の1/3ぐらいは日本以外のどこかに居ます。

ウェブサイト: https://twitter.com/hiroyuki_ni

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。