ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界のベストコーヒーの中に選ばれたケープタウン“Truth Coffee Roasting”【南アフリカ】

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
872A1427

日本でもブルーボトルの上陸などで浸透してきた「サードウェーブコーヒー」ですが、世界中でシングルオリジンの豆を焙煎してお客さんに提供するお店が増えてきています。

872A1394

そんな中、イギリスのテレグラフ紙が”The world’s best coffee shops”として世界中の良質なコーヒーショップを紹介してますが、その中で最初に紹介されているのが、南アフリカ・ケープタウンの”Truth Coffee Roasting”です。

http://www.telegraph.co.uk/food-and-drink/drinks/the-worlds-best-coffee-shops/ [リンク]

872A1410

お店のランク付けというのは、趣味趣向もあるし、「世界中でいいコーヒーショップというからには、世界中でどれだけのコーヒーショップを見て回ったんだ!」とかいろいろ苦情が来やすい企画なんですが、テレグラフ紙の判断力はいかほどのものかな、、と思いつつ行ってみました。

872A1416

コーヒーは焙煎して2、3日経ったぐらいが風味も安定しておいしいコーヒーが作れるのですが、そこからは時間が経つほど香りが飛んで行ってしまいます。
というわけで、おいしいと評判のコーヒー屋さんは、ロースターから空輸したり、店内でローストしたりと工夫を凝らすわけです。
店舗で焙煎してるコーヒーショップでは、ドイツのdiedrichやProbatといったコーヒー焙煎機を使っていることが多いのですが、せいせい12kg釜だったり5kg釜だったりを使っています。

872A1408

ところが、”Truth Coffee Roasting”は、店舗サイズを完全に逸脱したProbatの60kg級の釜っぽいものを使ってたりします。

872A1407

そんな巨大な金属の釜が店の中心にあるので、店内はサイバーパンクな世界観になっています。

872A1434 872A1402

”ブレンドコーヒー”を売ってる店ではなんの豆を使ってるかを明確にしない店が結構あるのですが、”Truth Coffee Roasting”は、”RESURRECTION”というブレンドでは、ブラジルとエチオピアとグアテマラとインドの豆をブレンドしていることを明記してたりします。

872A1425

コーヒー店は、余った豆や安く買えた豆をブレンドに混ぜちゃったりというのが経営上は発生しがちなんですが、潔く豆の種類を書いちゃうってのは、店に余裕がないとなかなかやりづらかったりします。
そして、単一の豆を使ったシングルオリジンも、もちろん提供しています。

そんなこだわりのコーヒーが、エスプレッソで20ランド(約180円)、カフェ・ラテで28ランド(約250円)というやたらにお手頃な価格で飲めてしまいます。

872A1448

そんなわけで、案の定、繁盛してまして、大賑わいの店内です。

872A1452 872A1398

混んでる場合は、テイクアウトも出来るので、コーヒー好きの方は、ケープタウンに寄った際は訪れてみるといいんじゃないでしょうか。

872A1440

Truth Coffee Roasting
36 Buitenkant Street, Cape Town

http://truth.coffee/ [リンク]

872A1423 872A1443
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ひろゆきの記事一覧をみる ▶

記者:

1年の1/3ぐらいは日本以外のどこかに居ます。

ウェブサイト: https://twitter.com/hiroyuki_ni

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。