体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『アニON』のLIVEタイムってどんな感じ? 『アイナナ』コラボで体験してきた[オタ女]

ドラマチックリズムゲームアプリ『アイドリッシュセブン』(通称アイナナ)が、映像と音楽が楽しめるキャラクターカフェ“アニON STATION”とコラボ。現在、アイナナが全国7都市を駆け巡る『VISUAL BOARD TOUR』と連動し、店舗でのイベント『アイドリッシュセブン LIVEステーション2』を開催中!

アニONでは、コラボメニューが楽しめるカフェタイムと、映像と音楽でお客さんがライブさながらに盛り上がれるLIVEタイムを展開。

※すべての画像が表示されない場合はOtajoからご覧ください
http://otajo.jp/67169[リンク]

アニONのLIVEタイムってどんな感じなの?

さまざまなコンテンツのコラボイベントを開催している“アニON STATION”。LIVEタイムはオールスタンディング。音楽と映像でヴァーチャルライブを楽しむ、と言われてもなかなかイメージが湧かず、不安な人も多いのではないでしょうか?

『アイナナ』に限らず、他のコンテンツでも、どんなシステム、雰囲気なのか知りたい! という人は参考にどうぞ。大体のシステムは同じだと思います。

事前予約をして会場へ!

LIVEタイムは事前予約制。アニONのHPから行きたい日と時間を選んで予約しましょう。

※今回はチケットやコースターの絵柄がランダムですが、コンテンツによっては好きな種類を選べる場合もあります。

今回のアイナナコラボの場合は、「通常プラン」(ドリンクメダル1枚&リクエストチケット1枚付き)と、「豪華プラン」(ドリンクメダル1枚、リクエストチケット2枚、SPリクエストチケット1枚、スマホスタンド1個)の2つのプランから選択して予約。

<SPリクエストチケットは期間によって絵柄が変わる!>
「フェアごとに絵柄が変更される」と記載があるSPリクエストチケット。今回のイベントは『VISUAL BOARD TOUR』と連動しているため、SPリクエストチケットが該当期間の都市の撮り下ろしビジュアルのデザインになります。

例えば、3月3日~12日に豪華プランで入場すると、もらえるSPチケットの絵柄は大阪ビジュアル。13日~19日は名古屋ビジュアル、20日~31日は東京ビジュアルということ。これはどの地域の店舗でも共通。実際にイベントが始まるまで、チケットの絵柄が連動していると思わなかった人もいるのでは?

通常のリクエストチケットはイベント期間中通して共通。IDOLiSH7、TRIGGER、Re:valeのメンバー全12種のチケットがランダムで手渡されます。ドリンクはコースター付き(絵柄はランダム)。

表・裏で異なるメンバーの横顔がデザインされているドリンクメダルは全6種。こちらもランダム。好きなドリンクに引き換えたり、そのまま引き換えずに思い出として持ち帰ることもできます。

好きな曲をリクエスト! みんなで盛り上がろう!

LIVEタイムは、前半が<juke box rock on>(ジュークボックスロックオン)、後半が<ON STAGE LIVE!>(オンステージライブ!)の2部構成。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy