体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

突撃となりの鍋料理! あなただけのこだわりは?

鍋

今年の冬は何だか寒い。それもそのはず、先週から、全国の7割以上の観測地点で最低気温が氷点下を記録しており、今年の冬は気のせいでは無く本当に寒いのです。さらに31日から2月3日にかけては、さらに強い寒気が流れこむという恐ろしい予報も届いています……。

そんな時に嬉しいのはあったかいお鍋。野菜がたくさん食べられて栄養満点、なおかつ準備も楽で美味しい鍋料理は冬の一番のごちそう。

水炊き、しゃぶしゃぶ、おでん、寄せ鍋などの定番はもちろん、豆乳鍋やトマト鍋、カレー鍋など変り種の鍋料理がここ数年ですっかり市民権を得ています。スーパーマーケットには様々な種類のダシやスープが売られていますよね。あなたは何鍋が一番好きですか?

また、同じ鍋料理であっても使用する具材や薬味、味付けによっても家庭や作る人の個性が出るもの。そこで今回は、「私のこだわり鍋」と題して、皆さんの鍋に対するこだわりを聞いてみました。今夜からでもすぐに実践できる技ばかりですので、ぜひマネしてみてくださいね。

【具材編】

・すき焼きに油揚げを入れる。
・すき焼きのタレで水菜と豚バラ鍋。
・キムチ鍋にコクを出すために塩辛を入れる。
・キムチ鍋にじゃがいもと牛バラを入れて、簡単カムジャタン風。
・土鍋でポトフを作って、バケットを添えるとオシャレ。
・豆乳鍋の最後の方にカボチャを入れると、ポタージュの様になる。

【薬味・タレ編】

・ポン酢にナンプラーをたらしてエスニック風に。
・大根おろしに黄身を混ぜた“黄身おろし”はさっぱりしつつ、まろやか。
・トマト鍋を食べる時は、自分の器にオリーブオイルを足して食べる。
・大勢でキムチ鍋を囲む時は、辛さを自分の器で調整出来る様にコチュジャンや一味唐辛子を用意する。
・水炊きのポン酢のあっさり味に飽きてきたら、ごま油やラー油を足す。

【鍋の〆編】

・味噌鍋の時は“ほうとう”を入れると腹持ちもバッチリ。
・水餃子を〆として投入して食べる。
・辛ラーメンは煮込んでもヨレヨレにならないから良い。
・寄せ鍋など醤油ベースの時は、おにぎり(焼きおにぎりも可)を器にいれて、上からダシをかけてスープ茶漬けにする。
・豆乳鍋にスパゲティを半分に折っていれて、粉チーズをかけてカルボナーラ風。

と皆さん様々なこだわりを教えてくれました。今回はほんの一部ですが、また色々な意見が集まり次第まとめてご紹介したいと思います。ちなみに筆者のオススメはキムチ鍋にあらびきソーセージを追加すること。ジャンクな味で美味しいですよ。ステマじゃないよ。

※画像は「鍋気分」エバラ公式サイトより引用。

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会