体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『けものフレンズ』で話題沸騰 サーバルキャットの「すっごーい!」ところを専門家に聞いてみた

kemonofriends

ネットを中心に脅威の盛り上がりを見せ、『ニコニコ動画』で無料配信されている第1話が270万回再生を突破したアニメ『けものフレンズ』。ついにはNHKの報道番組も「動物園の来場者が増加していることがSNSから読み取れる」と報じ、ある種の社会現象となっています。

『Twitter』のハッシュタグ「#けものフレンズ考察班」ではキャラクターやストーリーに関する様々な議論が過熱。特に各キャラクターのもとになった動物の生態を知ると、ビジュアルや性格の描写にうまく反映されていることが分かります。

IMG_3208_f

そこで今回は、“動物に詳しいフレンズ”こと動物行動学者の新宅広二先生を直撃。人気キャラクターのひとり、サーバルちゃんのモチーフとなっている“サーバルキャット”について詳しく話を聞いてみました。

サーバル、本当はこんな性格

Serval_KS

(※撮影:新宅広二/ケニア・マサイマラ国立保護区の野生のサーバル。特殊な耳を使って隠れているネズミを見つけて忍び寄っている瞬間)

サーバルは中型のネコ科動物で、体重は大きくても15kg前後。生息地はアフリカのサバンナ(草原)で、普段は背丈が隠れるくらいの草原に潜んでいます。本種はネコ属(ヤマネコの仲間)のため、ライオンやトラなどのヒョウ属とは習性や性格が大きく異なるそう。

新宅:「狩りの戦術はヒョウ属ほど知的ではない印象ですが、それをカバーするに余る驚異的な運動能力を備えた“超体育会系ネコ”です。何よりヤマネコ特有の気性の荒さが際立った種で、動物園の飼育係は大型ネコ科と同等かそれ以上に注意を払っています。動物園のバックヤードでは、檻の間から長い手を急に出して、人間を引きずり込もうとするので、作業中は檻があっても歩く位置などを常に注意しなくてはならないほどの猛獣です。ペット化が難しいため、ボブ・サップがペットにしていたというのはいろんな意味で興味深いですね」

なるほど、かばんちゃんが「た、食べないでくださぁぁい!」と反射的に言ってしまったのも頷ける生態です。

新宅:「野生では主にネズミ類を獲っていますが、お腹がすいていなくても目の前を素早く横切るものを無視できない性格です。4m近いジャンプ力を活かして、飛んでいる鳥にも攻撃します。その光景は、まるで藪からミサイルが発射されたみたいです。夜行性にもかかわらず、“ほっとけない性格”から日中でもよく鳥の狩りを楽しんでいます」

一方、子育てにオスが関与しないシングルマザー流のサーバルキャットは、教育ママの一面も持ち合わせているとのこと。

新宅:「放任主義で空き家になったツチブタの巣穴などに子供を放置して、エサを探しに行きます。成長すると狩りの仕方を母親が教えて、自分で捕らえて弱らせた獲物を与えて狩りの練習させるんです」

サーバル、動物園ではココを見ろ!

新宅:「動物園でのエサは肉類のほか、人間用の養鶏肉で食品として破棄する部位の鶏頭を安価で入手し、サーバルの成長に欠かせないカルシウム源としています。ジャンプ力を来園者に見せるために、高所から吊して餌を与えることもあります」

では、他の来園者と差をつけるためには、どんなポイントに注目して観察すれば良いのでしょうか。サーバル上級者としての心得を聞いてみました。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。