ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

傑作ミステリー『イレブン・ミニッツ』巨匠イエジー・スコリモフスキ監督が日本のファンにむけて特別コメント!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
eleven1

午後5時に始まり5時11分に終わる“11分”の群像劇。ポーランドの巨匠、イエジー・スコリモフスキ監督最新作であり、2016年を代表するサスペンス『イレブン・ミニッツ』のBlu-ray&DVDが発売中。日本でのソフト発売を喜んだスコリモフスキ監督が急遽喜びのメッセージを寄せてくれました!

「イレブン・ミニッツ」イエジー・スコリモフスキ監督コメント動画
https://www.youtube.com/watch?v=kHL875Nc5BQ [リンク]

動画コメントでは、「この作品は数々のディティールが潜んでいますし、濃厚なのです。何度でもお楽しみいただけると思います」と語る監督。ソファにゆったりと腰掛け、お茶を飲んでからはじまるというこの動画は、スコリモフスキ監督が巨匠たる所以を十分に感じられる貴重なものとなっています。

映画『イレブン・ミニッツ』は監視カメラ、Web カメラ、カメラ付き携帯、CGといった様々なメディア技術を巧みに使い、ローアングル撮影、大胆な俯瞰シーン、スローモーション等、多種多様な質感と視点を駆使した魅惑の映像はBlu-ray等でじっくり観るのにふさわしい一本。

バイクの疾 走音やジェット旅客機の爆音、救急車のサイレン等、都市空間ならではのシンフォニックなノイズが緻密な設計のもとに融合し、人生の光と影を見事に表現した挑発的作品をお見逃し無く!

【ストーリー】
大都会に暮らす人々の午後5時から午後5時11分までの11分間に起こる様々なドラマをモザイク状に構成。女好きの映画監督、嫉妬深い夫、刑務所を出たばかりのホットドッグ屋、強盗をしくじった少年といったいわくありげな人物と、一匹の犬を中心に描かれるサスペンス。

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。