体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「誰でも簡単に可愛くアイドル級メイク」著者にメイクしてもらいました【動画あり】

アイドルメイク体験web1280

ガジェット通信の森あんなです。

今回は「誰でも簡単に可愛くアイドル級メイク(Idol make book)」の著者、メイクアップアーティストの石川雄幾さんに取材をして参りました。
なんと筆者も実際にメイクしていただきましたので、動画もぜひご覧ください!

https://youtu.be/W-pt20MMp_k

石川 雄幾(いしかわ ゆうき)
ヘアー&メイクアップアーティスト
1986年富山県生まれ。
A型
東京都を拠点として活動中。

「誰でも簡単に可愛くアイドル級メイク(Idol make book)」とは?
ベイビーレイズJAPANと石川雄幾とのコラボレーションでお贈りする、メイクが苦手な人から上級者も楽しめるメイクアップのハウツー本。ベイビーレイズJAPANのメンバーをモデルに、好感のもたれるナチュラルメイクから女優のようなメイクまで、丁寧にメイクのコツを紹介します。袴田幸治のメンバーそれぞれの撮り下ろし写真は、まるで豪華フォトブックのようなテイスト。普段は見られないメンバーの舞台裏の表情もあったり、少し欲張りに写真集としても楽しめます。

今回は普段メイクで気になっている事を、女性代表として、元アイドルとして石川さんに色々聞いてみました!

C0021.00_22_53_09.Still002

――自分に合うアイシャドウやチークの色が分かりません。どうしたら良いですか?
その質問よくされます。「私何似合いますか?」と聞かれたら「あなたは何になりたいんですか?」と逆に質問します。
その答えによって変わると思うんです。洋服だとカッコイイ女になりたいのであれば黒でピシッとモノトーンでキメて、可愛い感じになりたいのであれば白とかピンクで、とコーディネートを決めますよね。その感覚で良いと思うんです。
好きなものを選べば良いんです。あとはなりたい女性像に向かってそれに近い色を選べば良い。
もちろん肌に馴染みの良い色はありますが、なりたいイメージで買えば良いと思います。
あまり考えすぎず私はどういう女性になりたいかで選ぶ事が大切!

――女性は毎日メイクをするので肌が荒れやすいと思うのですがその対策は?
全然荒れない人もいれば荒れる人もいる。個人差はありますよね。
荒れるのには色々な原因があって、例えばシャンプー、食、ストレス、ほこり、花粉、メイク落としが雑になってしまっている…などなど、一概に毎日メイクをしているからといって荒れるというわけではないですね。
なので、まず皮膚科に行ってください。そこで知識をつけてください!

――目のクマの対策は?
本当に寝不足なのか、彫りが深いゆえにクマになっているのか。
これも皮膚科に行ってください。薄くしてもらえます。

――クマも皮膚科で治せるんですね! クマ繋がりで、目の下にコンシーラーを塗ると浮いてきてしまうのですが…
選ぶコンシーラーを緩めのものやカバー力のあるファンデーションとかにしてみては?

――これから汗をかく季節。汗をかいても大丈夫なメイク方法は?
チークとリップは割ととれにくいと思います。アイメイクはどうしてもとれちゃう気がする…
リップやチークなんかは思いっきり濃く塗ってオフすれば良いし。

1 2次のページ
森 あんなの記事一覧をみる
森 あんな

記者:

タレント・モデル・アイドルプロデュースをしつつ只今ライター修業中の23歳。ライター業界に新風を吹き込みます。よろしくお願いいたします。

ウェブサイト: http://getnews.jp/anna

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。