ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもを褒めて伸ばす最適解!? 宿題を「後で」と答える娘に返した父の言葉が素晴らしいと話題

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

子どもに「宿題は?」と聞いて「後で!」と答えられた時、どう反応しますか? 「そう言っていつもしないでしょ!」と怒ったり、「今すぐやりなさい!」と促したりしがちなのではないでしょうか?
そんな中、神対応をする父親のやりとりが『Twitter』で話題となっています。


夫が用事から帰ってきて「今日は何してたの?」と聞くので、「何もしなかったよ」と答えると、「それはよかったね。休めたでしょー」と。長女に「宿題いつするの?」と聞いて、長女が「後で!」と答えると、「偉いな、やる時間自分で決められて」と。どのボールも褒めて返す夫。

このツイートには、8000以上のRTと15000以上の「いいね」が集まり、「素晴らしい旦那様」「見習いたい」といった声や、「先進的でかつ自立心が育つ声かけ」「子供のやる気を阻害せず、何がいいかを具体的に誉めている」といった教育における効果を見出す人の返信も寄せられていました。

このツイート主は、夫の「叱り方」について次のようにも投稿。


下の階で夫が長女を叱ってるのが聞こえるのだけれども、1分後には普通の会話に戻っていた。夫は叱るときに自分の感情を上乗せしないので、叱り方が爽やかだ。

出来そうに見えて難しい子どもの褒め方や叱り方。それだけに、否定から入らず子どものことを肯定する姿勢に共感や尊敬の念が集まったようでした。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/ajitukenorikiti/status/837921297610887168 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。