ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【動画】大人気ゲームを実写化! 『アサシン クリード』主演マイケル・ファスベンダーインタビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アサシン クリード

全世界で人気の同名ゲームシリーズを、マイケル・ファスベンダー主演で映画化した『アサシン クリード』が現在大ヒット上映中。映画ファンのみならず映画ファンの間で「映像とアクションがカッコ良過ぎる!」「パルクールすげえ!」「ゲームやりたくなった」などなど、話題を呼んでいます。

今回、ガジェット通信では先日映画のプロモーションの為来日したファスベンダー様本人に直撃動画インタビューを敢行! 映画についてはもちろん、俳優休業(?!)についてもお話を伺ってきました。

【動画】『アサシン クリード』マイケル・ファスベンダーたっぷりインタビュー
https://www.youtube.com/watch?v=av5OA81tyus [リンク]

インタビューでは、映画の魅力はもちろん、筆者が「ガジェット通信はゲーム好きが多かったり、ちょっとオタクな媒体なんです」と挨拶すると「オタクが世の中を支配してるんだよ、僕みたいなね!」と、笑顔で話すファスベンダー様。ちょっとちょっと、こんな格好良いオタクっていたんですね!

その他、アクションについて、世界観バッチリな衣装だからこそ苦労した事など、動画内でたっぷりお話してくださいました。これから映画を観る方ももちろん、もう観てきたよ〜という方もぜひご覧ください。

【ストーリー】
記憶をなくした死刑囚のカラム・リンチは信じがたい運命に導かれる。遺伝子操作(アニムス)によってDNAに眠る祖先の「記憶」を呼び起こされた彼は、その記憶を追体験させられることになる。 カラムは自分の祖先が、ルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かうアサシン教団に属する、驚異的な身体能力を持つ伝説のアサシンであったことを知る。また彼の祖先は、禁じられた秘宝“エデンの林檎”のありかを知る、歴史上最後の人物でもあった。 自分のアイデンティティーと過去、テンプル騎士団の真の目的、そして暗殺者の信条の意味……。現在と過去を行き来して、歴史の裏に隠された多くのミステリー=謎と格闘しながら、祖先の持つ、アサシンとしての能力を手にしていくカラム。 “エデンの林檎”の秘密を求める彼は、自分の遺伝子の中に隠された、人類の未来を変える<禁断の秘密>を知ることになる……。

映画『アサシン クリード』公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/assassinscreed/

(C)2016 Twentieth Century Fox and Ubisoft Motion Pictures. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。