ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

“サメ”に“マヒマヒ”食べたことある? くら寿司の新製品『海賊シャリカレー』にどどんと乗っているぞ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

サメ

回転寿司チェーン『無添くら寿司』。
寿司屋でありながら、ラーメン、うな丼、天丼、プレミアコーヒーなど発売される多彩な商品展開に「えっ、コレも回転寿司のメニューなの……?」と、新製品発表のたびに都度ツッコミをいれたくなりますよね。

そんな『くら寿司』が、今度は“サメ”に“マヒマヒ”といった日頃、口にすることがない魚をシャリカレーに豪快にトッピングした『海賊シャリカレー』を3月3日より期間限定発売します。

珍しい魚介のフライドフィッシュがトッピング! 『海賊シャリカレー』3月3日より登場

海賊カレー

くら寿司のメニューでおなじみすし飯を使った『すしやのシャリカレー』は累計700万食突破。今回の新製品『海賊シャリカレー』は、バラエティに富んだ魚介を10種類のスパイスで味に深みを加えたフライドフィッシュにし、大胆に『すしやのシャリカレー』に乗せたもの。

700万食突破

第一弾は、飲食店では取扱いの珍しいモウカザメを豪快に乗せた『シャーク☆シャリカレー』。モウカザメの締まった身質と、特製スパイス、そしてカラッと揚がった衣が合わさりさっくりとした食感、カレーにマッチしたスパイシーな味わいとなっています。「サメのったどー!」と思わず口にしたくなる一品です。

『海賊シャリカレー』トッピングのラインナップは全8種類! 日替わりで登場

8種類

『海賊シャリカレー』では、第一弾『シャーク☆シャリカレー』以外にも『マヒマヒ』『するめいかゲソ』『スケトウダラ』『まぐろ頭肉』『イシダイ』『ソフトシェルクラブ』『するめいか耳』を加えた計8種の中から、仕入れや販売状況に合わせて、各店舗1種ずつ変更しながら日替わりで販売されるそう。

サメ

■『シャーク☆シャリカレー(モウカザメ)』
地鶏のような身質で、しっかりした味わい。

スケトウダラシャリカレー

■『スケトウダラ☆シャリカレー』
淡白で上品な味わい。

イシダイシャリカレー

■『イシダイ☆シャリカレー』
贅沢に「丸一匹分」。上品な味わいと引き締まった白味の食感が特徴。

まぐろシャリカレー

■『まぐろ頭肉☆シャリカレー』
1尾に対して2本しかとれない希少部位。柔らかくジューシー。

するめいか耳シャリカレー

■『するめいか耳☆シャリカレー』
するめいかの耳をまるごと大胆に使用。厚みがあり、“耳”特有の食感がたまりません。

するめいかげそシャリカレー

■『するめいかゲソ☆シャリカレー』
するめいかのゲソをふんだんに使用。“ゲソ”独特のこりこりとした食感が楽しめます。

マヒマヒ

■『マヒマヒ☆シャリカレー』
ハワイでは高級魚として、ステーキで食べられます。歯ごたえと、しっかりした魚のうま味が味わえます。

カニ

■『ソフトシェルクラブ☆シャリカレー』
甲殻類の殻の味わいとパリパリした食感がスナック感覚で楽しめます。

『甘辛Wシャリカレー』も同時発売

Wシャリカレー

そのほか甘いカレー、辛いカレーの両方が楽しめる『甘辛Wシャリカレー』も同時に発売されるのだそう。

くら寿司の方

なお発表会では、くら寿司の製品開発担当者の方が「今後も皆さまが驚くほどのシャリカレーをつくっていきたいと思っております」と語られておりました。

『海賊シャリカレー』は3月3日より期間限定発売。今度の週末にお寿司のあとはくら寿司『海賊シャリカレー』に挑戦してみては。

公式サイト

無添くら寿司
http://www.kura-corpo.co.jp/fair/201703curry.html

製品詳細概要

商品名/価格:『海賊シャリカレー』 450円(486円税込)
販売期間:2017年3月3日(金)より期間限定販売~なくなり次第終了
期間中8種類の中から、毎日1種を販売
全国の「無添くら寿司」(382店舗、3月2日現在)にて販売
※一部、価格が異なる。また、取扱いの無い店舗もございます。
※お持ち帰り可(一部店舗では不可)。

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。