体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

南極の味を98%再現! 越冬隊人気ナンバーワンのビーフシチューが京都で食べられるぞ【京都】

f:id:mesitsu_la:20170113113931j:plain

みなさま、こんにちは。メシ通レポーターのナガオヨウコです。

寒い寒いとつぶやく日がまだ続いておりますね。突然ですが、ここで想像を絶する寒さの中にいる南極の越冬隊に思いをはせてみましょう。

南極は最高気温約8度、最低気温約マイナス89.2度(ロシアボストーク基地での観測データより)、見渡す限り雪と氷に包まれた最果ての地。突然吹くブリザードにおののきながらも、懸命に調査を続ける日々。時おり思い出すのは、日本に残してきた妻と子ども、そして田舎に住む母親の優しい顔。

おかあちゃあああああーーーん!!!

(ひゅるひゅる、びゅううううん〜〜〜)※ブリザードの音にかき消される

そんな越冬隊員の、芯まで冷えた体と心を温める料理を、なんと京都で食べられると聞き、行ってまいりましたよ!

アカデミックな施設内のレストラン

f:id:mesitsu_la:20170113113926j:plain

場所は、京都市西京区の桂坂。国道9号線から坂をぐんぐん上がった住宅街にある「国際日本文化研究センター」(通称・日文研)。

日本の文化や歴史に関する文献や資料を収集・保存するほか、国内外の研究者たちを支援する、国の交付金で運営されている大学共同利用機関です。

f:id:mesitsu_la:20170113113943j:plain

この日文研の施設内にあるのが、「旬彩レストラン 赤おに」。こちらのレストランは、施設関係者だけでなく一般の方も利用できるレストラン。

f:id:mesitsu_la:20170113113927j:plain

日替わりの「赤おにランチ」(750円)のほか、エビフライランチ(1,080円)、スパゲティ、会席料理(予約のみ)などを提供しています。

f:id:mesitsu_la:20170113113928j:plain

レストランの隣には、誰でも利用できる情報公開コーナーあり。

日本と海外文化の比較研究レポートや海外の国立美術館に所蔵されている日本美術品図録など、なんだか難しそう(でも面白そう)な本を閲覧することができます。

私が気になったのは、日文研による「小学校で椅子に座ること」という研究書でした。

f:id:mesitsu_la:20170113113938j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。