体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“添い寝ポスター”まで登場! 雑誌『JUNON』のウッチー推しが止まらない

junon

1973年に元はファッション誌として創刊し、1982年からはアイドル雑誌として現在も発行を続ける雑誌『JUNON』。小池徹平さんや、溝端淳平さんらを輩出した「ジュノン・スーパー・ボーイ・コンテスト」でもお馴染みです。

そんな、“イケメン”探しは大の得意な『JUNON』が最近猛プッシュしているのが、サッカー日本代表、現在ブンデスリーガ・シャルケ04所属する内田篤人選手です。

内田選手は、静岡県出身の23歳。2006年鹿島アントラーズ入団後、2年連続でJリーグベストイレブンに選ばれるなど活躍。2010年7月にシャルケ04に完全移籍し、今後のさらなる活躍が期待されています。

そして、その爽やかなヴィジュアルとプレー中の真剣なまなざし、オフの時間に見せる笑顔で女性を魅了。日々ファンを増やし続けています。

雑誌『JUNON』では、早々に“恋人にしたいスポーツ選手No.1”として内田選手のグラビアやインタビュー記事などを掲載。現在では、表紙に内田選手が登場したり、『JUNON』独占取材として特集を組むなど、誌面は“ウッチー”だらけ。

ついには、先月号で「内田篤人、恋を語る」というメイン特集に起用。スーツ姿でネクタイをゆるめるという女子の妄想を具現化したようなその姿に、失神寸前になる人が続出したとかしないとか。

最新号でも、特集の枠を飛び出して「内田篤人BOOK」なる別冊化まで成し遂げました。しかも「特大添い寝ポスター」がオマケで付くというスペシャルな仕様。これさえあれば、仕事で疲れた時も、寒くて寂しい夜まるでウッチーがそばにいるみたい!

添い寝ポスターの後には、“朗読CD”や“キスマークシール”なんてトンデモグッズが登場しかねない勢いの、『JUNON』のウッチー推し。写真も美しく、記事の内容も濃く、ファンにはたまらない内容ですが、アイドル的な取り上げられ方だけじゃなくて、本業のサッカーの話題にも触れて欲しいと感じるのは私だけでしょうか。

JUNON | 主婦と生活社

※画像は『JUNON』公式サイトより引用。

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。