ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

完全無人のAIレースカー『Robocar』が発表 おっさん世代直撃の近未来デザイン!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

完全ドライバーレスマシンによるレーシング選手権“Roborace”は、バルセロナで開催されたMWC2017会場で、レースに使われる“Robocar”の最終デザインを披露した。


SF映画『トロン:レガシー』や『オブリビオン』のメカデザイナーとして知られるダニエル・サイモン氏が設計した未来的なマシンは、全長4.8メートル、全幅2メートル、重量975kgのフルカーボンボディ。これはF1マシンとほぼ同じサイズで、やや重い車体となる。人が運転することは想定していないため、コックピットは見当たらない。動力として540kWのバッテリーと300kWのホイール内蔵モーターを4つ搭載し、最高時速は320kmにもなるという。“目”となる5つのLIDARと2つのレーダー、18の超音波センサー、2つの光速度センサー、6つのAIカメラで得た情報を“脳”となる『NVIDIA DRIVE PX 2』で解析して走行する。

“Roborace”は現在行われている電動フォーミュラカーよるレース“フォーミュラE選手権”から派生した完全無人のAIレース。“Robocar”を参加チームごとに開発したAIで走らせ、その速さを競う。先日18日にはブエノスアイレスの公道サーキット上でプロトタイプ車2台によるレース形式の走行を初めて実施し、1台がクラッシュしたものの、最高時速186kmで2台が並んで走行する場面を見せるなど、未来のカーレースを実現しつつある。

画像とソース引用:
https://twitter.com/roborace[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。