体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オーストラリア住宅事情【前編】 陽気な国民性が家づくりにも!

オーストラリア住宅事情【前編】 陽気な国民性が家づくりにも!

テニスでは錦織選手たちが大活躍したオーストラリア。実は日本の住宅会社も続々と進出し、現地で活躍中なのだ。その現場を取材すべく、オーストラリアへ飛んだ。まずは、最大都市のシドニーを巡り、Aussie(オージー)の住まいを探訪してみた。

人口増が続く移民の国。カルチャー・ミックスは住宅デザインにも

空港からシドニー中心地に近づくと、建設中のクレーンがあちこちに見えてきた。

シドニー都市圏の人口は約460万人、この10年でシドニー市の人口は約30%も増えたという成長都市。今後もオーストラリア全体の人口2400万人が、年1~2%増え続ける予測。【画像1】入江を囲んで立つ高層ビル群、不動産バブルの勢いも感じる(写真撮影/藤井繁子)

【画像1】入江を囲んで立つ高層ビル群、不動産バブルの勢いも感じる(写真撮影/藤井繁子)

英国からの移民に始まり、中国やベトナム・フィリピンなどアジア系、レバノン、インドやイタリア、韓国からの移住も多い。20011年時点で海外出生者の割合は約30%という多民族国家である。

シドニー市内の古い家並みでは……何様式??? 不思議なデザインの外観に、多様な文化を融合したオーストラリアらしさを実感。【画像2】都市部の敷地はオーストラリアでも小さめ。ワイルドな植栽が南半球っぽい(写真撮影/藤井繁子)

【画像2】都市部の敷地はオーストラリアでも小さめ。ワイルドな植栽が南半球っぽい(写真撮影/藤井繁子)

オーストラリアの住宅価格は、ここ3年高騰し続けシドニーでは住宅バブルの懸念も出ている。

とは言うものの、人口増加に伴う住宅ニーズは強く、シドニー市から50~60km離れた郊外に新興住宅地がドンドン開発中。1000~5000区画の大規模な宅地造成が次々に行われ、ファミリー向け新築住宅の分譲が続いている。40~50年前の日本、いわゆる“ニュータウン開発”と同じ光景だ。

郊外の新築分譲住宅では、敷地が約400~500m2に約300m2の建物で、計5000万円くらいのものが主流。

平屋も多いのがオーストラリアの特徴。どの家にも、車2台が並んで入るビルトイン・ガレージが道路側正面に付いていた。【画像3】典型的な豪住宅デザイン。構造は、豪版2×4木造+レンガ積み(写真撮影/藤井繁子) 【画像3】典型的な豪住宅デザイン。構造は、豪版2×4木造+レンガ積み(写真撮影/藤井繁子)【画像4】日本の住宅と似たシンプルモダン・デザインも見かけた(写真撮影/藤井繁子)

【画像4】日本の住宅と似たシンプルモダン・デザインも見かけた(写真撮影/藤井繁子)

ディスプレイ・ホームで発見! オージー・ライフの必須アイテム

シドニー郊外で開発中の大規模住宅地には、ホームビルダー各社のディスプレイ・ホーム(日本で言うモデルハウス)が立ち並ぶ。最新の住宅デザインを見学してみた。【画像5】ビルダー10社以上のディスプレイ・ホームが各社3~8棟と大規模! 展示後には分譲される(写真撮影/藤井繁子)
1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。