体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

厚さ6.4mmと薄型でスタイリッシュなICレコーダー『ICD-TX50』

厚さ6.4mmと薄型でスタイリッシュなICレコーダー『ICD-TX50』

ソニーは国内のICレコーダー市場で最も薄い、厚さ6.4mmのICレコーダー『ICD-TX50』を2月21日に発売します。デザインがスタイリッシュなだけでなく、本体にクリップが付属し、薄型であることを生かした便利な使い方を提案しているのが特徴です。

薄型な本体

厚さ約6.4mmで、重量は約50g。明るい場所でも見やすい有機ELディスプレーを搭載しています。クリアな録音ができる高性能デジタルマイクと150mWのスピーカーを内蔵し、録音・再生の機能も充実。電池持続時間は最大24時間で、急速充電の場合には約3分の充電で約1時間の録音が可能になります。

本体にクリップが付属

本体にクリップが付属するので、手帳やノートに固定して使ったり、シャツやジャケットの胸ポケットに入れたまま録音が可能。ICレコーダーは立った状態で使うのが不便だったりするのですが、これなら立ったままでもスマートに使えそうです。

録音モードはシーンに応じて「胸ポケット」「会議」「ボイスメモ」「インタビュー」「Myシーン」の5パターンから選択可能。録音モードやマイク感度を最適に設定できます。ノイズを抑えて聞き取りやすい音声で再生できる『クリアボイス』、音声帯域のノイズを低減するノイズカット、小さな音だけを大きく再生する『ボイスアップ』といった機能も搭載。市場推定価格は1万5000円前後です。

『ICD-TX50』主な仕様
本体サイズ:W40.8×D6.4×H102.3mm
重量:約50g
内蔵メモリー:4GB
録音形式:リニアPCM/MP3
再生方式:リニアPCM/MP3/WMA/AAC
スピーカー出力:150mW
パソコンインタフェース:Hi-Speed USB
出力端子:ステレオヘッドホン
外部メモリー:microSD
付属品:ステレオヘッドホン、USBケーブル、パソコン用ソフトウェア『Sound Organizer』、キャリングポーチ、防振アタッチメント、クイックスタートガイド

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。