体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「洋画あるある」セリフ編

「洋画あるある」セリフ編
— — — — — — — — — — — — — —

「ハリウッド映画の決まり文句」

「洋画あるある」セリフ編

左からコメントしてくよ!

It's showtime!

最近じゃ日本語でも「イッツ・ショータイム!」って書くことが多いかな?

ド派手な戦闘シーンを始めるにはもってこいのセリフだね!

He didn't make it.

アクション映画に死はつきもの。 "make it" は「成し遂げる」みたいな意味だけど、このセリフは暗に「死んだ」って言ってるよ。日本語では「助からなかった」「ダメだった」って感じ。

このセリフ部分だけを編集した動画があったから確認してみてね!

「洋画あるある」セリフ編

http://www.huffingtonpost.com/video/video_3668.html?1292443136

Don't you die on me.

仲間が撃たれた!駆け寄る主人公…男なら「死ぬんじゃねえ!」女の人なら「死んじゃイヤ!」これこそ決まり文句だね!だいじょうぶ。その人なかなか死なないよ!ジャンプ漫画ならたっぷり5ページくらい喋ってから死ぬから!(読者アンケート次第で生き返ったりするし)

http://www.youtube.com/watch?v=wb4kBq4_YOA

(Don't you die on me. 受験生の人、これが典型的な「不利益の on」だよ!たぶんだけど今年君の志望校で出るよ!入試前にGAGAZINE読んでてよかったね!)

You'be gotta be fucking kidding me.

「うそ…」 「冗談だろ?」…にわかには信じがたい衝撃的事実に直面したときに思わず出ちゃうセリフだよ!ハリウッド映画は衝撃の連続だからこのセリフはマストだね!(長かったら「kidding me」だけでも通じるよ)

We've been expecting you.

「待ってたぜ」 「やっぱり来たか」 「お前が来ると思ったぜ」…主人公が敵の本拠地に乗り込んできても、ハリウッド映画の悪役は慌てないよ。そんなことは初めからお見通しだからね!この後長々と自己紹介してから「かかれ!」とか指示を出してザコ戦突入だよ!

Tell my wife and kids I love them.

出た!死に芝居の決まり文句!日本男子なら当然「天皇陛下バンザーイ!」って言うところを、外人は「妻と子供たちに伝えてくれ。愛してる…」この!軟弱者!親友か?親友の手を握ってるのか?外人は死に際まで軟弱でかなわないね…

I've got a bad feeling about this.

1 2次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。