体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新人アイドルがカップ麺を作るカフェ、秋葉原にオープンへ(体験動画あり)

君島さん(中央)を始めとするアイドルたち

 注文したカップラーメンに、新人アイドルが目の前でお湯を注いでくれる「ヌードルカフェ」が秋葉原にプレオープンした。客はカップラーメンにお湯を注いでもらいながら3分間、カウンター越しにアイドルたちとの会話を楽しめる。店員でプラチナム・パスポート所属現役アイドルの君島光輝(18)さんは「お客さんとの距離が近い。3分の間にしっかり仲良くなりたい」と意気込みを語った。

食券は各アイドルを指名できるもののほか、「おまかせ」もある

 客は入り口の食券売り場で一枚800円の「カップラーメン」か「ドリンク」のどちらかの食券を購入し、カウンターに移動。そこで好きなアイドルと一緒に商品を選ぶところからカウントが始まる。お湯を入れてもらいながら話すなどして、3分が経つと、食事席に移動してカップラーメンを食す、というものだ。
 
 プラチナム・パスポート担当社員の宮嶋章裕さんは”カップラーメン”を選んだ理由について、「カップラーメンなら万人受けすると考えた。こうした試みはおそらく、史上初だと思う」と説明する。「このヌードルカフェから羽ばたくアイドルが出てほしい」という。

松本未夢さん 特技はジグソーパズル

 「ヌードルカフェ」はプレオープン初日から盛況。記念すべき第一号の来店者で、秋葉原のメイド喫茶の常連だという”飛脚”さん(ハンドルネーム)に、お店の印象を聞いた。

「ネット上で『800円でカップヌードル』が話題になっていた。これは、チャージ(席料)500円・ワンドリンク500円というメイド喫茶の相場と比べ、決して高くはない。3分間はあっという間でした」

と語り、店員(アイドル)たちについては、

「やはりルックスのレベルが高い。メイド喫茶に比べると、”キレイ系”って感じで雰囲気が違います。店全体の感じもよくて、カップラーメンがうまいっす。もう一周しようと思います、今度はドリンクで」

と、カップラーメンをすすりながら答えた。グランドオープンは1月25日を予定。23日・24日はプレオープンとして17時から20時まで営業している。

【ニコニコ動画】アイドルがお湯を注いでくれる「ヌードルカフェ」

◇関連サイト
・[ニコニコ動画]ヌードルカフェを「体験してみた」動画
http://www.nicovideo.jp/watch/1327314008
・NOODOL CAFE – 公式サイト
http://noodol-cafe.com/index.html

(寺家将太)

【関連記事】
メイドがはんだ付けに挑戦 秋葉原で新旧の店が集うイベント
メイドを乗せた電車が『あの花』の聖地に走る「メイドトレイン」
シンガー・ソングライター桃井はるこ、AKB48の歌詞を絶賛 「歴史を塗り替えた」
2ちゃんねるVIP板発 小説『まおゆう』作者が「いかにしてプロの作家になったか」
与謝野馨、ニコ動ユーザーと5番勝負 「自作PC組立て」対決などに真剣

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。