体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カレーやみかん入りコールスローがフリーズドライに!? ガジェット通信×アマノ食堂<思い出の給食フリーズドライ化企画>ついに完結!

カレーやみかん入りコールスローがフリーズドライに!? ガジェット通信×アマノ食堂<思い出の給食フリーズドライ化企画>ついに完結!

アサヒグループ食品さんの“アマノフーズ”ブランドが運営するウェブマガジン『アマノ食堂』とガジェット通信のコラボ企画として、昨年末にスタートした『思い出の給食フリーズドライ化企画』。思い出の味を再現してフリーズドライ食品で届けてくれる名物企画『まごころ出前』で、ガジェ通編集部スタッフの思い出の給食メニューを、フリーズドライにして届けてもらえることになったのです。編集部が挙げたリストの中からメニューが決定し、ついにフリーズドライに! 開発と試作の過程から完成品の試食までの流れをレポートでお届けします。

参考記事:
好きだった給食メニューは? 「ソフト麺でラーメン」「七夕ゼリー」「タケちゃんマンライス」 ガジェット通信×アマノ食堂<思い出の給食フリーズドライ化企画>
http://getnews.jp/archives/1578259[リンク]

ちなみに今回のコラボ企画は、『アマノ食堂』でも同時に記事を配信中。
あの味、香りが一瞬で蘇る…!?みんな大好き「思い出の給食」ついに完成!(アマノ食堂)
http://amanoshokudo.jp/journey/8604/[リンク]

フリーズドライ化されるメニューは?

編集部がリストアップした思い出の給食から、アマノフーズさんが決定したフリーズドライ化するメニューはこちら!

メイン:カレーライス
スープ:かき玉スープ
おかず:さんまのかば焼き
サラダ:コールスロー
デザート:フルーツポンチ

思い出深い給食独特のカレー、「美味しかったけど硬かったよね(笑)」という評判のさんまのかば焼き、そして定番のかき玉スープ、コールスローサラダ、フルーツポンチが選ばれました。これらをフリーズドライで再現することはできるのでしょうか?

開発の模様を取材 いざ工場へ!

amanoshokudo2

開発の模様を取材させていただけるということで、新幹線・岡山駅から山陽本線に乗り継いで、アマノフーズ岡山工場へ行ってきました!

amanoshokudo3r

野心的なメニュー開発に日夜取り組んでいる“ABC+開発室”で筆者を出迎えてくれたのは、“フリーズドライの伝道師”とも呼ばれる室長・島村雅人さんと、敏腕助手の副課長・三村真奈美さん。2人とも『まごころ出前』ではすっかりおなじみ、アマノフーズの名物社員さんです。

お2人の思い出の給食メニューを聞いてみました。「好きなものはカレーシチューとホワイトシチューで、嫌いなものがコールスローだった(笑)」と、今回フリーズドライ化するメニューが好き・嫌いともドンピシャだった島村さん。三村さんは「基本、給食は食パン。たまにソフト麺が出て、ミートソースをかけて食べるのが楽しみでした」とのこと。2人とも、さんまのかば焼きが出たことはないそうです。

amanoshokudo4 amanoshokudo5

開発室にはキッチンがあり、ここで調理した料理を冷凍庫で凍らせ、真空凍結乾燥機でフリーズドライ化します。調理法や分量、素材を変えて試作を繰り返した結果、実際の商品化に結びついていくのです。ABC+開発室から生まれたのは“ひとり鍋”“土瓶蒸し”“チキンカツの玉子とじ”など、革新的なものばかり。

amanoshokudo6 amanoshokudo7

ABC+開発室の強力な武器が、真空凍結乾燥機の“島村号”。数時間から、長いものでは丸2日かけてじっくりと水分を抜いていきます。内部の棚は高さが変えられるので、様々なサイズのものに対応できるのが特徴。生花をそのままフリーズドライにしてしまうこともできるそうです。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。