ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

rooted端末・Androidマーケットから削除されたアプリ向けのアプリマーケット「CyanogenMod App Store」の開発が進行中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ClockworkModリカバリやROM Managerの開発者として知られるKoushik Dutta氏が、まだ計画段階であるrooted端末向けアプリや何らかの理由によりAndroidマーケットから削除されたアプリのための独立したアプリマーケット「CyanogenMod App Store」のアプリ提供者向けコンソールのスクリーンショットを公開しました。

今月上旬、Dutta氏は、自身の開発したroot権不要・テザリングプラン無しで使えるテザリングアプリ「CyanogenMod Tether」をAndroidマーケットに公開してまもなく、米国のキャリアAT&TやSprintの要請により両キャリアの利用者がダウンロードできないようGoogleによって非表示にされた(Sprintはその後表示されるようになったらしい)ことをきっかけに、Dutta氏はrooted端末向けアプリや何らかの理由によりAndroidマーケットから削除されたアプリのための独立したアプリマーケットを構築しようといった計画を明らかにしていました。その計画はCyanogenMod開発チームのリーダーであるSteve Kondikとの間でも話し合われており、CyanogenModにビルドインすることなどが検討されています。

その計画が着々と進められているようです。

Source : Koushik Dutta氏(Google+) 


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Ericsson ST25i "Kumquat"とされる端末の写真が公開
”LG X3”と呼ばれるLGのクアッドコアTegra 3搭載スマートフォンの画像が流出
Galaxy S II LTE SC-03Dの新色”セラミックホワイト”が本日発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。