ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

2017年 沖縄本島 中部の旅 沖縄の海岸に誕生した、PANZA Okinawa(パンザ オキナワ)は、めちゃ楽しい!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2月6日(月)に、沖縄県恩納村のシェラトン沖縄サンマリーナリゾートのビーチに誕生した、2つのアクティビティPANZA Okinawa(パンザ オキナワ)に注目だ!
これまで、高原などで林間を滑り降りるジップラインは、全国に多数あったが、海岸でしかも海の上を飛ぶジップラインは、日本初!!250mと長さも十分!「MegaZIP」(メガジップ)と呼ぶにふさわしいアクティティ。小さなお子さん(体重25kg以上)も体験できる。ワイヤーが2本あるダブルライン仕様なので、親子やカップル、友人と同時に楽しめるのもいい。しかも、お子さんを抱いて滑走できるよう準備中とか!
もう一つのアクティビティは、GoFALL(ゴーフォール)と名付けられた日本初上陸のフリーフォール。13m(ビルの5~6階)の高さから飛び降りる。これは、何もない空間に飛び出す勇気が必要。私は、足がすくんで体験できなかった(あ~情けない!)。
PANZA Okinawaは、沖縄本島の西海岸のビーチにあるのでサンセットも最高のロケーション。3月下旬には、海開きになる沖縄のビーチ、サンセットメガジップがおススメ!
panza MegaZIP7
恩納村には、道の駅「おんなの駅」があり、野菜やフルーツ、海ブトウなど沖縄ならではの旬の食材も豊富に販売している。疲れた体には栄養補給も大事。是非、立ち寄ってほしいスポット。

 沖縄の歴史や文化も堪能できる!沖縄本島の中部エリアは、世界遺産である座喜味城址(読谷村)などがあり歴史や文化にも触れることができるエリア。中でも「やちむんの里」は、沖縄の陶器の伝統・文化・歴史を全身で感じれる場所。やちむんとは、沖縄の言葉で焼き物のこと。人間国宝の故:金城次郎氏ら陶芸家が窯を移転して作った焼き物の産地。ベテランから若手まで、各々の感性で陶器などを製造販売している。私は、購入した陶器のタンブラーでビールを試し飲み。おいしさが格段にアップするから不思議!金城次郎氏の娘さんである宮工房(宮城須美子さん)や、お孫さんにあたる陶芸工房ふじ(藤岡香奈子さん)など15の工房を訪ね歩くと個性豊かな作品に出合える焼き物の里は、視覚も味覚も刺激してくれる里です。
宮工房
         宮工房 入口にも陶器が並ぶ
陶芸工房ふじ
        陶芸工房ふじ 藤岡香奈子さん
7寸皿①
         陶芸工房ふじ 新作の7寸皿     

正角皿
         陶芸工房ふじ 新作の正角皿

沖縄本島中部エリアの旅を是非お試しあれ。
 PANZA Okinawa(パンザ オキナワ) ホームページ
http://panza.co.jp/

【Nicheee!編集部のイチオシ】

ミキティが庄司に向けて人生初プレゼン 51万超通りの“ごほうび”ハワイ旅行
沖縄 いまや禁止のハブとマングースの対決 新たな「ショー」を見てきたら
【奄美大島 旅コラム】 広大な自然あふれる「マングローブ」原生林をカヌーで体験!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。