体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“あのころ”を思い出すドット絵RPG『Shadows of Adam』レトロ風ながら洗練された新作が2月24日に発売

インディゲームデベロッパーの「Something Classic Games」は、JRPG風のドット絵が光る『Shadows of Adam』を2月24日に配信することを発表した。公式サイト上では14.99ドル(約1700円)で予約が開始されており、SteamなどのPCゲーム配信プラットフォームでも販売される予定とのこと。

ss_9b9f7a6aef75fbbeced553e9f2126a86b5bff6ab.1920x1080
『Shadows of Adam』公式サイト

 
このゲームは、公式ページにて「古典的なJRPGファンの夢」と紹介されており、レトロ風ながらも現代的に洗練された16ビットのドット絵グラフィックが非常に鮮烈な作品。プレイ時間としては10時間~12時間が見込まれているとのこと。さまざまなスキルを持つ4人のパーティで冒険を行う内容となっている。

ss_8d266270710940e53df1adf601839e1389d55c42.1920x1080
 
ss_6ecda0724240332ce4a96b47bc601ca82b0599a4.1920x1080

物語は、「ミスティウッズ」の霧によって外から隔絶され、戦争の時代から平和となっていたアダムの村から始まる。戦争の元となった暗黒の力は一度は消えたものの、いま再び暗黒が訪れようとしていた。

しかし、アダムの村の英雄「オラジオ」は、10年前から消息を絶っていた。オラジオの息子と、養子となった娘は、アダムと彼らの父親を救うことを望むならば、オラジオが残した秘密を明らかにする必要がある。しかし、それは世界を揺るがす内容でもあった……。

ss_88fbaa65085e8f0b4b6ad27f8dfc1f7a846b25b1.1920x1080
 
ss_bc01bcddc306eedddf3f875d6c6921934997f749.1920x1080
 
シンボルエンカウント形式で突入する本作の戦闘画面は『エストポリス伝記2』『大貝獣物語』のように、パーティメンバーの後ろから敵を見据えるようなカメラワークになっており、行動によってドット絵で描かれた豊かなキャラクターの動きやエフェクトが発生するようになっている。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。