体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

薄くてもスペックに妥協しないAndroidスマートフォン『MOTOROLA RAZR』発表会レポート

薄くてもスペックに妥協しないAndroidスマートフォン『MOTOROLA RAZR』発表会レポート

KDDIが2012年の新製品を発表した1月16日、モトローラ・モビリティ・ジャパンがこのラインアップに入っているAndroidスマートフォン『MOTOROLA RAZR IS12M』の記者発表会を開催しました。厚さ7.1mmと薄型ながら、デュアルコアCPUや大容量バッテリーを搭載し、アクセサリーによる拡張性も用意されている同製品の詳細をレポートします。

『MOTOROLA RAZR』を発表 携帯電話『MOTORAZR』は日本でも人気に

10.1インチのAndroidタブレット『MOTOROLA XOOM』、WiMAX対応のハイエンドAndroidスマートフォン『MOTOROLA PHOTON』を昨年リリースし、日本市場での再スタートを切った同社。第3弾となる『MOTOROLA RAZR』は、日本でも人気を博した携帯電話『MOTORAZR』のスマートフォン版となります。発表会では「スリムなのにハード」「スリムなのにパワフル」「スリムなのにクレバー」という製品コンセプトが披露され、それぞれのコンセプトが説明されました。

『MOTOROLA RAZR IS12M』は、約4.3インチ、QHD(960×540)の『SuperAMOLED Advanced』ディスプレー、約800万画素のメインカメラと約130万画素のインカメラを搭載します。CPUは1.2GHzのOMAP4430+MDM6600デュアルコア、バッテリー容量は1780mAh。Android OSのバージョンは2.3.6。

スリムなのにハード

厚さは7.1mmですが、背面に鋼鉄の5倍の強度を持ち、防弾チョッキにも利用される『KEVLAR』ファイバーを採用。ディスプレー面にも『GORILLA』ガラスを採用し、「スリムなのにハード」を実現しています。表面は撥水(はっすい)コーティングが施され、防水まではいかないものの防滴の性能を持たせているとのこと。

スリムなのにパワフル

「スリムなのにパワフル」というコンセプトでは、1.2GHzのデュアルコアCPUを搭載するほか、1GBのRAM搭載により快適なインタフェース操作やマルチタスクを実現していること、800万画素カメラに超高速シャッター、フルHD1080pのビデオ撮影機能、省電力機能『Smart Actions』の搭載を挙げ、薄型でもスペックに妥協がない点をアピールしていました。

『MotoCast』の利用イメージ

「スリムなのにクレバー」というコンセプトは、省電力機能『Smart Actions』、スマートフォン機能と併用してパソコン(PC)のように利用できるソフト『Webtop』、自宅のPCにある音楽や動画にリモートアクセスする機能『MotoCast』により実現しています。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。