体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気のルーミー/タンクを狙う前に! トヨタ bBを要チェック!

▲トヨタ bBの実質後継モデルと言われているのが、今大人気のルーミー/タンク。とがったワルっぽいイメージが強いですが、実は室内が広々していて快適なんです

▲トヨタ bBの実質後継モデルと言われているのが、今大人気のルーミー/タンク。とがったワルっぽいイメージが強いですが、実は室内が広々していて快適なんです

新型ルーミー/タンクの人気がすごいんです

昨年11月から販売されているトヨタ ルーミー/タンクがものすごい人気を見せています。軽自動車を除く乗用車の新車販売台数の1月ランキング(日本自動車販売協会連合会より)では、ルーミーが6281台で9位、タンクが5335台で13位と2車種ともに上位を占めています。ルーミーとタンクは主にフロントマスクが違うだけで、中身は実質同じ車であることを考えると、合計で1万1616台が売れていることになり、この数字はなんと2位のセレナを上回ることに……! この使い勝手の良い「コンパクトハイトワゴン」の人気が分かるかと思います。

さて、そんな大人気のルーミー/タンクですが、中古車市場で探すのはちょっと時期尚早。それぞれ台数は16台、24台しかありません(2月8日時点)。もちろん価格もまだ落ちていませんしね。じゃあ諦めて新車で買うか、もう少し待つか……と思った方、ちょっと待ってください。そんな人にぜひオススメしたい、トヨタ bBという車があるんです。

ルーミー/タンクはbBの後継モデル!?

bBは2005年から生産されたモデル。初代(2000~2005年)はカクカクとしたボディやワルっぽい雰囲気で話題となりましたが、2代目は角が取れて初代よりは少し落ち着いた雰囲気に。色を選べば女性でも乗れる雰囲気の車になりました。

▲こちらはボディカラーが緑のbB。トップ画像の黒のbBよりは柔らかい雰囲気で、女性でも乗りやすいんじゃないでしょうか

▲こちらはボディカラーが緑のbB。トップ画像の黒のbBよりは柔らかい雰囲気で、女性でも乗りやすいんじゃないでしょうか

そして、実はこのbBの実質後継モデルと言われているのが、今大人気のルーミー/タンクなんです。bBはカクカクとしたボディの恩恵(?)で、車内も広々としています。ルーミー/タンクのボディサイズが全長3700×全幅1670×全高1735(mm)に対し、bBは全長3785×全幅1690×全高1635(mm)で比較的サイズも近いと言えます(全高はやはりルーミー/タンクが高いですが……)。

スペック的にはっきりと違うのは排気量。ルーミー/タンクは1Lですが、bBは1.3Lと1.5Lの2種類が用意されています。また、燃費に関してはさすがに新型にはかないませんので、そこは目をつむりましょう……。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会