体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

崖の上の修道院に住んでくれる人募集中!住むための過酷な5つの条件とは?

電気もネットもない静寂の世界?崖に建つ修道院に住んでくれる人募集中
人の多い都会で慌ただしい日々を過ごしていると、「何もかも投げ出して、人里離れた静かな場所で暮らしたい!」と思うことはありませんか? そんな方にぴったりの求人が出ているのでご紹介します。

まるで仙人?山奥の修道院に住んでくれる人を募集!

電気もネットもない静寂の世界?崖に建つ修道院に住んでくれる人募集中
その噂の求人が出ているのは、オーストリア中部ザルツブルグ州のザールフェルデン(Saalfelden)という街。ちなみにオーストリアはドイツやスイスと国境を接し、オーストリア・アルプスを中心に、山々に囲まれた山岳国でもあります。

電気もネットもない静寂の世界?崖に建つ修道院に住んでくれる人募集中
ザールフェルデンも山に囲まれた美しい街ですが、その「仕事」があるのはもっともっと人里離れた場所。なんと、山の中に建つ古い修道院に住んでくれる人を探しているという驚きの募集内容なのです。

電気もネットもない静寂の世界?崖に建つ修道院に住んでくれる人募集中
(画像はイメージです)

しかもその「山」は海抜千4百メートルの切り立った岩山で、修道院そのものは築350年以上の古い建物。それを聞いただけでもしり込みしそうですが、他にも様々な厳しい条件があります。いったいどんな条件かといいますと…。

修道院に住むための過酷な5つの条件

電気もネットもない静寂の世界?崖に建つ修道院に住んでくれる人募集中
条件1.インフラが整備されていない
山奥の修道院なので、電気が通っていません。夜はランプの明かりが唯一の照明になるばかりでなく、当然文明の利器である家電、携帯電話、インターネットが使えなくなります。まさに仙人のような生活です。

電気もネットもない静寂の世界?崖に建つ修道院に住んでくれる人募集中
条件2.肉体労働も必要
お湯を沸かしたり暖炉を使うためには、薪が必要になります。そのための薪割りも、居住者が自分で行わなくてはいけません。そして水道も無いので、水汲みも必須。「ひっそりと暮らす」というイメージよりは、もしかしたらサバイバル生活のほうが近いのかもしれません。

電気もネットもない静寂の世界?崖に建つ修道院に住んでくれる人募集中
条件3.訪問者の対応もしなくてはいけない
山奥の修道院だからといって、実は世捨て人のように孤独に過ごせる訳ではないようです。地元の教会の司祭によると、景観を楽しむ観光客や、お祈りや懺悔に訪れる地元の信者の対応もこの修道院に住むための条件になってくるのだとか。そのため、キリスト教の信仰に帰依していることも応募の条件のひとつになっています。

電気もネットもない静寂の世界?崖に建つ修道院に住んでくれる人募集中
条件4.住めるのは4月から11月の間のみ
12年にもわたってこの修道院に住んでいた方もいたそうですが、それは雪が積もっていない春から夏に限ってのこと。ここに居られるのは原則として毎年4月から11月のみなので、12月から3月までは他の居住場所を確保する必要がでてきます。そのせいなのかどうかは不明ですが、2016年のオンシーズンにこの修道院に住んでいた方は、1年のみで引退したそうです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会