体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『バナペン®(BANAPEN)』バナナに文字が書ける専用ペン!甘さ控えめ『低糖度バナナ』の味わいも同時検証!!

PPAPの流行を横目に、株式会社ドール『バナペン®(BANAPEN)』なるものが注目を集めている。2016年にはサッパリとした『低糖度バナナ』を「公認バナナ」として東京マラソンに提供。そして2017年、新たに登場したのがこの『バナペン®』だという。バナナに文字を書くためのペンらしいが、その使い道と仕組みとは? 『低糖度バナナ』の味わいと共に検証だ!

原料はお酢だけだから、子どもが使っても安心・安全!

『バナペン®』(セット販売商品※入手方法は文末)は、2月26日に開催される「東京マラソン2017」の協賛社であるドールが、バナナにメッセージを書いてランナーを応援する 「ドール バナナメッセージキャンペーン」に伴い開発した日本初のバナナ専用ペン。

インクはなんと食用酢で、皮の酸化作用によって文字が書けるという仕組み。なるほど、バナナに直接色を付けるのではなく、自然の作用を活かして文字を浮かびらせるということだ。

お酢を使っているとはいえ、少しは他の原料も使っているのでは!?と疑ったが、原材料を確認すると「インク:食用酢」の文字。皮とはいえ食べ物に文字を書くことに多少の抵抗があったが、これなら安心!しかもMADE IN JAPAN!疑ってしまい申し訳ない!!

それでは使ってみよう。

一見普通のペンから、お酢の香りがプンプン!

見た目は、一般的な蛍光ペンのような形状。太字と細字があり、書かれている“注意書き”の内容以外は普通のペンと変わらない。

キャップを開けると、ペン先は真っ白。これまた使用前の蛍光ペンのように見えるが、この『バナペン®』のインクはお酢。これで先までインクが満たされている状態なのだ。

原料はお酢ということで鼻を近づけると…こりゃ完全にお酢!!お酢でできているのだから当然なのだが、ペンからお酢が香るというのはやっぱり不思議な感覚である。

オリジナルメッセージをバナナにしたためる新時代到来!?

東京マラソンのランナーへのメッセージということで、まずは“がんばって!”のエールから。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。