ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

知ってた? “ネギトロ”は葱とマグロのトロの意味じゃない! “ねぎま”も焼き鳥じゃない

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
DSC_0664 (2)

毎週日曜よる10時から放送しているTBS系『林先生が驚く初耳学』。1月29日の放送では、ネギトロの名前の由来について解説があった。

番組序盤に「ネギトロのネギは葱じゃないって知ってる?」と聞かれた人気予備校講師・林修先生。この問いに、「リサーチしていなかった!」と初耳学認定。

ネギトロの“ネギ”は野菜の“葱”ではないことに加え、“トロ”もマグロのトロではない。

<ネギトロの名前の由来>
ネギトロは元々捨ててしまうマグロの中落ち部分を使用。身を骨の周りから削り取ることを「ねぎ取る」と呼んでおり、そこから「ネギトロ」に変化したと寿司職人が説明。

さらに、元の語源は建築用語で、地下構造物を作る時、地面より下の土を掘ることを「根切り」と呼んでおり、それが寿司業界にも広まり「ネギトロ」が誕生。

ちなみに、お寿司の「トロタク」や「トロ鉄火」のトロは、マグロのトロ。

この解説に林先生は、「だって葱が入ってるから葱だと思いますよね!」と悔しそうな表情を浮かべた。

番組を見た視聴者からも「ネギトロのネギはネギじゃないのは知ってたけど、トロがトロじゃないのは知らなかった」や、「ネギトロのネギは葱じゃないって結構有名だと思ったけど、林先生もリサーチかけたこと無い事は知らないんだな」といった反応があった。

ねぎまはそもそも焼き鳥じゃない

ちなみに、ねぎまと言われて思い浮かぶのは焼き鳥だが、元は葱とマグロを煮た鍋料理“ねぎま鍋”からきている名前。葱が間に入っているからではなく、“葱”とマグロの“ま”をとって“ねぎま”(漢字では葱鮪)。

その鍋料理を手軽に食べられるように串に刺した煮物や焼き物「ねぎまぐろ」が生まれ、マグロの代わりに鶏肉を使ったことにより今の焼き鳥の“ねぎま”として定着していった説が有力なようだ。

ぽんの記事一覧をみる ▶
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。