体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【橘川放談 vol.1】アクセス至上主義ではモノ書きも読者も育たないんだよ

橘川幸夫インタビューvol.1「アクセス至上主義ではモノ書きも読者も育たないんだよ」

 1972年音楽雑誌『ロッキングオン』を創刊。1978年には全面投稿雑誌『ポンプ』を創刊――橘川幸夫さんは、インターネットが生まれる前からさまざまな参加型メディア開発をしてきた人だ。1980年代にパソコン通信が始まるといちはやく参加。その後、日本のインターネット黎明期を拓くことになる人たちと交流し大きな影響を与えた。ちなみに、『ガジェット通信』発行人・深水英一郎も、かつて橘川さんに背中を押されて『まぐまぐ』を開発している。

 橘川さんは、いつも見通しのいい場所に立っている。そして、新しい時代の風を全身に受け止めて「あっちがスゴイんだよ」「これがスゴイんだよ」とすごい早口で語り歩く。しかも、言葉の密度もギュウギュウなのである。ひとりで聴くのはもったいないから録音しちゃえ! というわけで、橘川さんに会うたびにレコーダーを回すことにした。インタビューには特にテーマは設けていない。橘川さんを聴くことは、私たちが生きているこの時代を聴くことになるはずだからである。(聴き手:杉本恭子)

――昨年秋から『日経ビジネスオンライン』で連載(『橘川幸夫のオレに言わせれば』)を始められましたね。スティーブ・ジョブズ氏が亡くなった直後の記事がとても良かったです。
『ロッキンオン』以来ずっと、自分が言いたいことを書いてきたわけ。依頼原稿も基本的に「好きなことを書いていい」っていう話で来るから、ターゲットにどうアピールするかなんて考えたことがないわけだよ。

ところが、「30代のビジネスマン」とかさ、読者設定して書くと面白いんだよ、やったことないからすごく新鮮なわけ。モノ書きやっていて読者設定をしてなかったってスゴい話なんだけど(笑)。で、ちょうど連載の話が決まった次の日に、スティーブ・ジョブズが亡くなったんだよ。担当の編集者さんが「誰か今日中にジョブズの原稿書ける人を知りませんか?」って言うから、そんなのいねえよと(笑)。じゃあ、俺が書くって言って1時間で書いたわけ。

日経ビジネス・オンライン/橘川幸夫のオレに言わせれば「僕らが「ジョブズの魂」から学ぶもの」

後で他の原稿をネットでチェックしたら、ホントにもう日本の文筆界というのはヒドイ状況だっていうことがよくわかった。明らかにみんなコピペなんだよね。原稿を書くときに、ネットで情報を集めてそれを加工しているだけなんだ。書きたいことがあって、わからない情報をネットで調べたり確認するならいいけれど。書いている本人が何を言いたいのか全然わかんないのよ。

――レファレンスのためにネットを使うのではなく、加工する情報を集めるためにネットを使っている。
そうそう。だから結局、全部がニュースになっているわけ。自分で取材も思考もしないで、偉そうに文章いじるだけのアンカーマンみたいな文章が多くてさ。そういうのを許す編集者がいるっていうことに怒りがフツフツと沸いてきて。「ホンモノのモノ書きとは何か見せてやる!」って思ってさ(笑)。でもさ、読者の方も事実のネタを探している人が多いんだよな。人の意志とか気持ちを受け取る訓練ができていないんだよ。

――ネットの普及と編集者の質の低下はリンクしているんじゃないかという話もあると思う。かつては編集者やデスクが握っていた編集権が、ネット上の個人のレイヤーの方に拡散しているイメージがあります。ネタさえあればユーザー同士で編集してSNSでワイワイやるからそれでいい、というような。
編集のレベルってね、技術的なことじゃないんですよ。立ち位置なのね。どんどんユーザーの側に編集権が移っていくのは悪いことじゃないんだけど、かつての編集者って批評家、評論家だったのね。今、一番いなくなったのは、批評できる人なんだよ。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会