体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女子高生拉致監禁の犯人は“23の人格を持つ男”――M・ナイト・シャマラン最新作『スプリット』待望の日本公開

5720_TP_00061R

観る者を震え上がらせた前作『ヴィジット』から一年後、M・ナイト・シャマラン監督の最新作が早くも登場。ホラーの名プロデューサー、ジェイソン・ブラムと再びタッグを組んだ新作の名は『スプリット』。5/12に日本公開となる。

挙動不審の男に拉致された女子高校生3人組。密室に閉じ込められた3人はやがて、この男が“ひとり”ではないことを知る。神経質で潔癖症の青年デニス、社交的で人懐っこいナイスガイのバリー、9歳の無邪気な少年ヘドウィグ、さらにはエレガントな女性パトリシア……喋り方も服装も変わって次々と彼女たちの前に現れるこの男。そう、彼は23もの人格を持っていたのだった。そして、驚くべき24番目の人格の発覚が彼女たちを絶望に陥れる――。

この異様な多重人格者を演じるのはシャマラン作品初出演となるジェームズ・マカヴォイ。このキャラクターは、『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクターや『ダークナイト』のジョーカーにも匹敵する、カリスマ性を漂わせた新たな“スーパー・ヴィラン”になるという。

本国アメリカで1/20に公開された今作は、興行収入4000万ドルを稼ぎ出し首位を獲得。評判が広まるなか、まだ少し先とは言え日本公開決定の報は嬉しいニュースとなった。

『スプリット』(原題:SPLIT)
2017年5月12日(金)全国公開
監督・製作・脚本:M・ナイト・シャマラン 製作:ジェイソン・ブラムほか  
出演:ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリー・ルー・リチャードソンほか
2017年/アメリカ/英語/117分/原題:SPLIT/字幕翻訳:風間綾平 配給:東宝東和
http://split-movie.jp/
(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。