体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“遅刻”してきたサンタクロース ウズベキスタンのニューイヤー

生活・趣味

赤ずきんに赤いコートを着た白ひげの老人といえば、誰もがサンタクロースを思い浮かべるはずだ。サンタクロースは、キリスト教の聖者ニコラウスの伝説と、クリスマスにプレゼントを贈る習慣とが結びついて誕生したというのが通説で、今では、クリスマスイブに子どもたちへプレゼントを配って歩くキャラクターがすっかり定着している。

このサンタクロースは、電飾や人形で飾られたモミの木“クリスマスツリー”と並んで、クリスマスを彩るなくてはならない存在だ。

しかし、そんなサンタクロースやクリスマスツリーも、クリスマスを祝わないイスラム教の国となると、少々事情は異なってくる。世俗的な国では、キリスト教国のクリスマスの影響を受け、12月25日にプレゼントを交換したり、カードを送ったりする習慣が定着しつつある一方で、厳格なイスラム主義の国では、サンタクロースの絵が描かれたカードを持っているだけで、おとがめを受ける場合もあるという。

さて、今わたしが暮らしているのは、中央アジアのウズベキスタン共和国。ここウズベキスタンは、国民の90パーセント近くがムスリムといわれるイスラム教国だ。ロシア系住民を中心に、キリスト教徒も多少いるが、そのほとんどはクリスマスが1月7日のロシア正教会の信徒たちで、12月25日を祝う文化はない。ところが、12月も半ばを過ぎると、広場や街角にはきらびやかな電飾をまとったツリーが登場し、バザール(市場)には、電飾や赤い帽子、モールを売るコーナーが活気を見せる。おまけに、サンタクロースの格好をした人々が街中に溢れ、レストランのウェイターやホテルの従業員、果てはタクシードライバーやバスの運転手までもが、サンタクロースのユニフォームで仕事をするようになる。

だから、この国で過ごした最初の冬は、何が起こっているのかわからず、あっけにとられた。12月25日を過ぎても、街角に立つツリーや、バザールの“クリスマスコーナー”は撤去されず、それどころか、ますます活気を見せるのだ。

しかし、その答えはすぐにわかった。そのころになると、サンタクロースの格好をした男性が、ウズベク語やロシア語で“ハッピーニューイヤー”と書かれたボードを持って街を練り歩き、新年を祝うメッセージと共にサンタクロースが描かれたコカコーラ社の宣伝看板が登場する。

そう、この国のサンタクロースやクリスマスツリーは、クリスマスを祝うものではなく、新年を祝うためのものなのだ。

電飾で飾られたモミの木が中心に立つ街の広場は、今日、明日とさらに活気を見せる。ツリーの最上部に飾られた三日月“ベツレヘムの星ではなく、イスラムの象徴たる新月”も、ひときわ強く輝くだろう。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会