体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

菅原小春、緊張する受験生に対処法を伝授!

菅原小春、緊張する受験生に対処法を伝授!
J-WAVEで放送中の番組「TDK SUGAR WATER」(ナビゲーター:菅原小春)。1月20日(金)のオンエアでは、受験に関する話を中心にお届けしました。

菅原は、番組の冒頭で風邪が治ったことを報告しました。ところが、改めて自分の通常の声を聞いたところ、違和感があったそうで「私、こんなにハスキーボイスじゃなくて、もっと女性らしい声だった気がするんですけど(笑)。ただ、こんな声でも『良い!』って言ってくれる”もの好きな人”がいるらしく、ありがとうございます」と照れながら語っていました(笑)。

さて、世間では受験シーズン真っ只中ということもあり、高校受験に関する話になりました。

「仲が良い高校生がいて、その子は医者になることを志望しているんです。小さい頃に行った病院の先生がすごく良い人で、『自分もそういう人になりたい』と言ってて、素敵だなって思いました。その子は松葉杖をついているんだけど、いつも遠くまで模試を受けに行っていて、来年からは海外で留学するそうです。どこからそういう気合が生まれるんだろうと思って…。その子の話を聞いていて尊敬しました」と感心していました。さらに、自身の経験談を語りました。

「今になって思うとまた違うんだけど…若いから何でもできると思ってたんです。楽しかったし、涙も、辛い経験も、良い経験も全てダンスのためでした。夢がある人は『夢のためなら、なんだってできる』と信じて、頑張ってください!」とエールを送りました。

ところで、受験には緊張がつきものですが、リスナーからは緊張を防ぐための相談のメールが届きました。

その相談に対して、まずは昨年末に坂本冬美さんと共演した「紅白歌合戦」の話になりました。「冬美さんのような大御所の方でも緊張されると知って、『緊張しても良いんだ』って思ったんです。私も、緊張するから練習するし、次に行こうって思うんです。緊張することは決して悪いことじゃなくて、自分にプラスしてくれるエナジーです」と菅原。そして緊張したときの対処法については、「『緊張してるからダメだ』って思うんじゃなくて、『これが”緊張”か! イエーイ!』と思うくらいがいいんじゃない?」とアドバイスしました。みなさんも、参考にしてみてください。

そのほか、番組では、SNSで勝手にタグ付けをしてくる友達にまつわる悩みや、走りたいのに寒くて走れないというリスナーからの相談を紹介しました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「TDK SUGAR WATER」
放送日時:毎週金曜 23時30分−24時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/sugarwater/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。